FC2ブログ

辰02 「大石岳」 仙北市西木町小山田字大石沢国有林


地形図とルート
snb94014dk_map.jpg


▲Google map
snb94014dk_01.jpg
▲和賀山塊・二ノ沢畚から望む本峰。
snb94014dk_02.jpg
▲仙北市・奥山から望む本峰。
snb94014dk_03.jpg
▲山谷薬師周辺、椈森から望む本峰。
snb94014dk_04.jpg
▲林道・西の又線は、復旧工事がほぼ完了していた。
snb94014dk_05.jpg
▲林道の終点。
snb94014dk_06.jpg
▲林道から、踏み跡を辿って西の又沢へと下降する。
snb94014dk_07.jpg
▲第一渡渉地点から林道跡へと進む。
snb94014dk_08.jpg
▲路肩が大きく崩れていた。
snb94014dk_09.jpg
▲林道跡が消滅した頃に、山手に向かう登山道へと入った。(標柱あり)
snb94014dk_10.jpg
▲クタノ沢の出合付近で、登山道を完全に見失う。左側の斜面に取り付くのが正解。
snb94014dk_11.jpg
▲登山道に復帰。
snb94014dk_12.jpg
▲クタノ沢を渡渉(第二渡渉地点)対岸に九十九折に登山道が続いていた。
snb94014dk_13.jpg
▲クタノ沢を超えると登山道が明瞭になった。
snb94014dk_14.jpg
▲急斜面を登る。
snb94014dk_15.jpg
▲視界が開ける予感。
snb94014dk_16.jpg
▲眼下の景色。奥に秋田駒が見える。
snb94014dk_17.jpg
▲標柱あり。小休憩。
snb94014dk_18.jpg
▲藪漕ぎ開始!
snb94014dk_19.jpg
▲鉈で藪を伐開しながら進む。
snb94014dk_20.jpg
▲藪から解放される区間もあった。
snb94014dk_21.jpg
▲下ブドウ台付近で再び登山道が消滅。もう、感で進むしかなかった。
snb94014dk_22.jpg
▲感は的中!登山道復帰、稜線は近い。
snb94014dk_23.jpg
▲稜線に到達(標柱あり)
snb94014dk_24.jpg
▲藪に覆われて完全に登山道を見失う。
snb94014dk_25.jpg
▲何とか登山道に復帰して山頂の肩(標柱あり)まで辿り着く。
snb94014dk_26.jpg
▲美しいブナ林。
snb94014dk_27.jpg
▲山頂の手前は迷うことはないが再び藪漕ぎとなった。
snb94014dk_28.jpg
▲山頂・三角点に到達。

▲ストリートビュー(パノラマ)
snb94014dk_29.jpg
▲標石
snb94014dk_30.jpg
▲上部
snb94014dk_31.jpg
▲簡易レベル測定
---基準点詳細---
基準点コード:TR25940447001
点名:大石岳
俗称:西根岳
所在地:秋田県仙北市西木町小山田字大石沢国有林1020林班い小班
冠字選点番号:辰02
種別等級:二等三角点   
地形図:田沢湖
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°43′45″.7391
東経:140°30′25″.4264
標高:1058.76m
選点:明治39年05月08日
設置:明治39年07月01日
観測:明治39年00月00日
備考:土井 秀吉
---訪点記録---
訪問日:2018.08.19
自動車到達地点:林道・西の又線BPより約2.6km地点(現況EP)
歩道:登山道あり(藪化・未整備)
周辺:山林
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:05:41 駐車地
到達時間:08:42 三角点到達
出発時間:09:14 三角点出発
到着時間:10:35 駐車地
全行程:294分
備考:
 林道・西の又線は、復旧工事がほぼ完成していて、駐車場の手前まで乗り入れることができた。駐車場のすぐ先から西又沢に降りる道があった。渡渉すると対岸に林道跡が続いていた。林道は荒れていて、2カ所ほど路肩が崩落していた。

 ようやく標柱のある登山口に辿り着くと、斜めに上がっていく道が見えた。目印のテープを辿って進んだが、道は消滅していてクタノ沢に出た所で立ち往生してしまった。沢に降りるのか、対岸に渡るのか悩んだが、少し上の方に登山道を見つけて復帰することができた。

 クタノ沢の渡渉(第2渡渉地点)から、対岸に九十九折の道があり、右岸の尾根上部に続いているのが見えた。少し進むと、登山道が崩壊、倒木も重なっていて鉈で切り開けて進んだ。そして、右岸尾根上に出ると登山道が明瞭となった。急斜面にロープが出ている個所もあり、さらに上部に出ると眺望を得られる場所もあった。

 しかし、登山道が未整備のため、藪が出ている所が多かった。上部に進むにしたがって、この藪が曲者となり、何度もルートを確認しながら登った。つまり、登山道が消滅しているのだ。稜線に到達すると、掘割のような二又尾根を通過(山頂まで1kmの標柱あり)これ以降、上部は藪と倒木で、完全に登山道をロストしてしまう場面もあった。

 何とか登山道に復帰して進むと、ようやくブナの2次林がある山頂の肩に到達した。(山頂まで300mの標柱)そして、ブナ林を回り込むように進むと再び登山道は藪に覆われた。背丈を超える笹薮であったが、踏み跡を辿るように進むと山頂に辿り着くことができた。元々、山頂からの眺望が良くない山であるが、周辺の草木が更に成長して眺望は皆無であった。
---地名の由来・追記など---
★大石 岩場、岩崖の沢。 
抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P51 オオイシサワ

★大石岳 坂上田村麻呂に滅ぼされた山麓の賊軍 大石丸の伝説による。
抜粋「新分県登山ガイド4秋田県」山と渓谷社 P22 大石岳
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: