FC2ブログ

松08 「金倉」 秋田市河辺三内字財ノ神国有林


地形図とルート
akt4k8bkn9r_map.jpg


▲Google map
akt4k8bkn9r_01.jpg
▲筑紫森の山頂から望む本峰。
akt4k8bkn9r_02.jpg
三等三角点 松01 「一ノ沢」の探訪で林道から望む本峰。
akt4k8bkn9r_03.jpg
▲筑紫森登山口からアプローチした。
akt4k8bkn9r_04.jpg
▲筑紫森案内図(現地標柱)
akt4k8bkn9r_05.jpg
▲登山道の合流地点にあった国有林境界標石。三等三角点 松01 「一ノ沢」の探訪でも見かけた。
akt4k8bkn9r_06.jpg
▲山頂方面へと向かう。
akt4k8bkn9r_07.jpg
▲表山道と三十三観音コース分岐。
akt4k8bkn9r_08.jpg
▲「測二三」標石。
akt4k8bkn9r_09.jpg
▲三十三観音コースを進む。
akt4k8bkn9r_10.jpg
▲途中で観音像を見ながら進んだ。
akt4k8bkn9r_11.jpg
▲急斜面のトラバースが続くコース。
akt4k8bkn9r_12.jpg
▲途中から登山道を外れて進む。ピンクテープと国有林境界石が続いていた。
akt4k8bkn9r_13.jpg
▲岩場の急斜面を下って鞍部へと向かった。
akt4k8bkn9r_14.jpg
▲鞍部に降り立った。ここからさらに北上を続けた。
akt4k8bkn9r_15.jpg
▲国有林境界の巡視路があった。
akt4k8bkn9r_16.jpg
▲快適な尾根歩きが続いた。
akt4k8bkn9r_17.jpg
▲山頂手前の小ピークからさらに進む。
akt4k8bkn9r_18.jpg
▲登り返し。左から金倉沢からの巡視路と合流した。
akt4k8bkn9r_20.jpg
▲山頂の手前から藪が出てきたが、踏み跡はしっかりしていた。
akt4k8bkn9r_21.jpg
▲三角点に到達。

▲ストリートビュー(パノラマ)
akt4k8bkn9r_22.jpg
▲標石
akt4k8bkn9r_23.jpg
▲上部
akt4k8bkn9r_24.jpg
▲簡易レベル測定
akt4k8bkn9r_25.jpg
▲帰路、筑紫森の山頂を訪れた。

▲ストリートビュー(パノラマ)
akt4k8bkn9r_26.jpg
▲岩谷山と秋田市街方面を望む。
akt4k8bkn9r_27.jpg
▲筑紫森から東側を望む。
---基準点詳細---
基準点コード:TR35940520601
点名:金倉
俗称:丸舞沢金倉
所在地:秋田県秋田市河辺三内字財ノ神国有林204林班あ小班
冠字選点番号:松08
種別等級:三等三角点   
地形図: 太平山
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°45′21″.0603
東経:140°20′05″.3728
標高:422.52m
選点:明治43年04月21日
造標:明治43年05月09日
観測:明治43年07月02日
備考:石原 尊
---訪点記録---
訪問日:2017.10.08
自動車到達地点:林道柳台線BPより北進約0.8km 筑紫森登山口
歩道:筑紫森登山道~国有林境界巡視路あり
周辺:山林
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:12:25 駐車地~筑紫森三十三観音巡り経由
到達時間:13:43 三角点到達
出発時間:13:58 三角点出発~筑紫森山頂経由
到着時間:15:08 駐車地
全行程:153分
備考:
---訪点の記---
 本日3点目の探訪。丸舞川から林道・金倉沢線の終点まで行ってみたが、最後に筑紫森の山頂に立ってみたい思いから、再び戻って筑紫森登山口からアプローチすることにした。

 ちなみに、Google mapの航空写真に、丸舞川方面から金倉沢地内へ林道があり、本点の近くまで作業路網が敷設されているが、崩壊して藪化していた。

 筑紫森登山口から、広く整備された登山道を登ると、三等三角点 松01「 一ノ沢」の探訪で見かけた、明治16年6月設置の国有林境界標石と出合った。山頂には向かわずに、三十三観音巡りのルートを辿った。この道は国有林境界にもなっており、境界標石が点在していた。三十三観音巡りが終わって、山頂に至る急斜面に取り付く所から、そのまま斜面をトラバースして進んだ。

 急斜面を下って鞍部に辿り着くと、境界標石があり小径が続いていた。そのまま、辿って山頂の肩まで来ると、南側の枝尾根からの巡視路と合流した。多少の笹薮が被さっている小径を、北側に進んで三角点に辿り着くことができた。眺望はなく鬱蒼とした薄暗い林であった。

 急いで筑紫森まで行こうとしたが、疲労困憊で足のバランス感覚が不安定になったが、なんとか山頂に辿り着くことができた。誰もいない山頂は、眺望もよく感無量であった。
---地名の由来・追記など---
★金倉 カネ(金属・金属精錬・鉱山)カニの転で、曲がった地形、クラ(岸壁・断崖・山の岩の多い所)。鉱山がなければ、崖地の曲がった沢。抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P130 カニP 131カネ P181 クラ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (6)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (70)
一等三角点 (3)
二等三角点 (13)
三等三角点 (54)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (15)
一等三角点 (1)
二等三角点 (0)
三等三角点 (14)
由利本荘市(151+位置図) (152)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (127)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: