FC2ブログ

宇10「母子鬼山」 山形県最上郡真室川町大滝字母子鬼山国有林


地形図とルート
yhj4ck194k1_map.jpg

▲Google map
yhj4ck194k1_01.jpg
▲羽後町・太平山(釜沢山)から望む本峰。
yhj4ck194k1_02.jpg
姥井戸山から望む本峰。手前の峰は大仙山。
yhj4ck194k1_03.jpg
大仙山の南側、南沢川付近の伐採地から本峰を見上げる。
yhj4ck194k1_04.jpg
▲秋田・山形県境(旧鳥海町)大森山から望む本峰。
yhj4ck194k1_05.jpg
▲旧鳥海町側、林道・甑線(災害のため通行止)の復旧が不明であったので、山形県側から入山。(林道・前森線EP)
yhj4ck194k1_06.jpg
▲バンガローの先から、女甑カツラと男女コルへ向かうルートと、甑峠に向かうルートに分かれる。
yhj4ck194k1_07.jpg
▲もちろん、女甑に登るために甑峠に向かう。
yhj4ck194k1_08.jpg
▲体長1mほどの熊と遭遇。怯んだ隙に熊を追いかけるデコヤマ氏。
yhj4ck194k1_09.jpg
▲甑峠に到着。ここから女甑山への登りが始まる。
yhj4ck194k1_10.jpg
▲険しさを覚悟してきたが、私にはそれほど険しいとは思わなかった。
yhj4ck194k1_11.jpg
▲足場が濡れていない日を選ぶべきだと思う。
yhj4ck194k1_12.jpg
▲旧鳥海町にある 大森山(四等)、観音森(三等)、朝日森(二等)の山々。お得な日帰り三角点峰セットだと思う。
yhj4ck194k1_13.jpg
▲急坂を登ってしまえば、女甑山の山頂の手前まで平坦な道のりである。
yhj4ck194k1_14.jpg
▲山形県側、前森山を眼下に眺める。勉強不足で、ほかの山名がわからず。
yhj4ck194k1_15.jpg
▲女甑の山頂が見えてきた。
yhj4ck194k1_16.jpg
▲梢越しに 八塩山神代山笹子大平山を望む。
yhj4ck194k1_17.jpg
▲再び急斜面の登りが待っていた。
yhj4ck194k1_18.jpg
▲女甑の山頂に到達。

▲ストリートビュー(秋田県側 パノラマ)

▲ストリートビュー(山形県側 パノラマ)
yhj4ck194k1_18p.jpg
▲山座同定パノラマ。
yhj4ck194k1_19.jpg
▲景色を楽しんで休憩後、今度は男甑山へ向かう。
yhj4ck194k1_20.jpg
▲急斜面を転がるように降りて名勝沼分岐に辿り着く。少し藪化しているようであった。
yhj4ck194k1_21.jpg
▲前森山登山口方面のルートと合流。
yhj4ck194k1_22.jpg
▲こちらは、歩く人も多いのか良く整備されていた。
yhj4ck194k1_23.jpg
▲女甑山を振り返る。東側が切れてるなんて、降りているときは気が付かなかった。
yhj4ck194k1_24.jpg
▲女甑山と三角点が目的なので、名勝沼には行きません。
yhj4ck194k1_25.jpg
▲女甑山より険しくないね。
yhj4ck194k1_26.jpg
▲ロープが張られた場所もあった。
yhj4ck194k1_27.jpg
▲視界が開ける予感。気分が高揚する瞬間。
yhj4ck194k1_28.jpg
▲ネットや本でよく見る景色。

▲ストリートビュー(パノラマ)
yhj4ck194k1_29.jpg
▲県境ルートと合流。
yhj4ck194k1_30.jpg
▲少し藪っぽいが、明瞭な登山道。
yhj4ck194k1_31.jpg
▲男甑山の山頂に到達。
yhj4ck194k1_32.jpg
▲三角点に到達。標石が傾斜していた。

▲ストリートビュー(パノラマ)
yhj4ck194k1_33.jpg
▲標石
yhj4ck194k1_34.jpg
▲上部
yhj4ck194k1_35.jpg
▲簡易レベル測定。残念だが、再設置しないと基準点としては使えない。
yhj4ck194k1_36.jpg
▲名物の烏帽子岩。
yhj4ck194k1_37.jpg
▲拡大したもの。下部の亀裂が気になった。
yhj4ck194k1_38.jpg
▲男甑山からは東側の景色を眺めることができた。
---基準点詳細---
基準点コード: TR25840421401
点名:母子鬼山
俗称:甑山
所在地:山形県最上郡真室川町大滝字母子鬼山国有林99林班か小班
冠字選点番号:
種別等級:二等三角点   
地形図: 湯沢
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°00′43″.3894
東経:140°18′38″.0551
標高:981.25m
選点:明治39年05月24日
造標:明治39年10月09日
観測:明治39年10月09日
備考:余語 久胤
---訪点記録---
訪問日:2017.09.05
自動車到達地点:前森山作業道(林道)EP
歩道:登山道あり。
周辺:山林 加無山県立自然公園
状態:露出・傾斜
保護石:0個確認
出発時間:08:21 駐車地~甑峠~女甑山経由
到達時間:10:25 三角点到達
出発時間:10:50 三角点出発~大清水経由
到着時間:11:43 駐車地
全行程:202分
備考:
---訪点の記---
 山形県最上郡真室川町側から入山。林道・前森山線(前森山作業道)EP、甑山登山口からスタート。悠森舎分岐から、まずは甑峠~女甑山を目指した。甑峠手前の登山道で熊に遭遇。熊が先に逃げたので、私が唸り声を上げながら執拗に走って追いかけた。野生鳥獣は、ファーストインプレッションが大事。怖がってはダメ!

 甑峠から女甑山の斜面を登る。登山道は、濡れていなければ問題ないレベル。山容から、登山道を外れなければ危険個所はない。急斜面を登ると、登山道は平坦となり眼下の視界が開けた。さらに、再び急斜面を登ると女甑山頂に辿り着いた。南~南西方面以外は眺望もよく、周辺の山々を望むことができた。

 女甑山から下り、名勝沼分岐、前森山口分岐を越えて再び急斜面の登山道を登った。所々に、お助けロープがあるので、利用しながら登った。急斜面を登ると山頂かと思ったが、三角点ピークはもう少し先のようであった。さらに県境分岐を通過、緩斜面の登山道を登りきると山頂の三角点に辿り着くことができた。

 好天に恵まれたが、平日で誰もいなく、独り山頂からの景色を堪能した。少し早い昼食にして、ゆっくり休んだ後に下山した。帰路はコル分岐から女甑のカツラ、大清水を経由(藪蚊に注意!)して駐車地に戻った。
---地名の由来・追記など---
★甑山 コシキ 湯気を立てる甑(比喩語) せいろうの象形語。抜粋「地名の語源」鏡味完二・鏡味明克 P108 コシキ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- おあき - 2018年01月02日 21:08:40

賀正新年。
今年も何卒よろしくお願い致します。
甑山は秋田県側だと見えるポイントが限られ旧雄勝町の横堀地区で見える山ですね。
母の話だと甑山付近の砂子(まぶこ)の奥?で昭和初期にカワウソを見たという話があったそうです。
夢がある話しですがこの話は眉唾で100%オコジョなど他の動物を見間違えたと思います。
繁殖にはある程度の頭数がいりカワウソなら他に目撃情報が無ければおかしいわけですね。
本当にカワウソなら今頃秋田の県獣はカワウソに指定されているはずです。
でもこういう話しが出る程この辺りは標高のわりには近づきにくい山深さですね。

Re: タイトルなし - デコ山さん - 2018年01月03日 12:44:14

今年もよろしくお願いします。

かわうその話は夢がありますね。
砂子(まなご)周辺は、浅瀬の狭い沢が多くて生息環境には適していないかもしれません。
しかし、大池は餌があれば可能かもしれませんが、豪雪地帯なうえに標高も高く冬期は池面が凍るはずなので難しいですね。

この周辺は、鳥海マタギや修験者、鉱山などで人が入った形跡がありますが、史料が乏しいのが現状です。
魅力的な山々がたくさんある山域なので、何かの形で後世に残せたらと思っています。
甑山も良いですが、苦労して登った西側にある大森山の山頂から見た景色は一生忘れません。

面白いエピソード、ありがとうございました。

また宜しくお願いします。

- おあき - 2018年01月03日 14:53:21

ご返事ありがとうございます。
砂子はまなごと読むのですね。訂正ありがとうございます。
子供の頃は3軒ほど家があったのですが今は住む人はいなくなったようです。

この近くには大仙山がありますが今では心霊で有名になってしまいました。
私が子供の頃はそういう話しは聞かなかったのですが
(当時は旧雄勝トンネルの方が有名でした。山形県側に工事の慰霊碑があります)
既に廃刊になったタウン誌が80年代に夏の心霊特集として面白半分に院内銀山を取り上げて以来すっかり心霊スポットになってしまいました。
心霊スポットがどういう風にでっち上げられるか良く分かった案件でもあります。
鉱山はどうしても心霊話は出来やすいのですが・・。
保存会の方も心霊スポットになると心ない来訪者に史跡や神社が傷つけられるのが心配だそうです。
無縁墓地は毎年慰霊祭を行って丁重に供養していてご子孫の方々にも失礼ではないかとのことです。

Re: タイトルなし - デコ山さん - 2018年01月04日 18:27:45

院内銀山周辺は、某林業社の社有地になっていますね。
学術調査、測量関係以外は立入禁止になっています。
旧108号線も松の木峠も入れません。

確かに、鉱山が反映していた当時の写真を見ると
同じ場所だと思えませんよね。

険しい地形と有数の豪雪地帯、歴史的背景、その光と闇の部分に
面白半分に心霊スポットとして紹介されてしまったのでしょう。

心霊スポットとしては、羽後町の七曲峠、東成瀬村の焼石峠、
南外村の南外病院?あたりが有名でした。

この南外病院は、若い頃、やはり面白半分に夜中に行ったことがありました。
この時は、友人と女の子たちと懐中電灯を片手に、玄関から病棟を周って
きたのですが、私はこの後、原因不明の高熱を出してしまいました。
もう四半世紀も前のことです。

それにしても、おあきさんは話題の宝庫です。
今回も勉強になりました。ありがとうございます。

それでは、また宜しくお願いします。

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (6)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (70)
一等三角点 (3)
二等三角点 (13)
三等三角点 (54)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (15)
一等三角点 (1)
二等三角点 (0)
三等三角点 (14)
由利本荘市(151+位置図) (152)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (127)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: