FC2ブログ

仕05 「石黒」 仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林


地形図とルート
snb94149rym_map.jpg


▲Google map
snb94149rym_01.jpg
秋田駒・男岳から望む荷葉岳と本峰。
snb94149rym_02.jpg
▲小白森から望む鳥海山荷葉岳と本峰。
snb94149rym_03.jpg
荷葉岳の山頂から石黒山までのルート。
snb94149rym_04.jpg
秋田駒を眺めながら、P1190を目指す。
snb94149rym_05.jpg
▲残雪の中、ブナ林の中を進む。
snb94149rym_06.jpg
▲P1190の手前から進路を変えて北進、荷葉岳を西に見ながらP1106へ向かって下降した。
snb94149rym_07.jpg
▲ブナ林には熊棚が多数みられた。
snb94149rym_08.jpg
▲P1106から下降後、鳥坂沢の源頭部からは、フラットな地形であった。
snb94149rym_09.jpg
▲P1066の手前から石黒山へ向けて進路変更と下降を開始した。残雪100%で、あまり地形を考慮しなくても良かった。
snb94149rym_10.jpg
▲石黒山への登りで、緩斜面が続いた。
snb94149rym_11.jpg
▲振り返って荷葉岳を望む。
snb94149rym_12.jpg
▲石黒山の最高地点P1103を踏んでから、三角点へと向かったが、標石が残雪に埋もれていないか不安になった。
snb94149rym_13.jpg
▲あの盛り上がった場所に三角点があるようだ。
snb94149rym_14.jpg
▲標石が雪から出ていることを願ってみると・・・。
snb94149rym_15.jpg
▲素晴らしいタイミングで三角点に到達。

▲ストリートビュー(パノラマ)
snb94149rym_16.jpg
▲標石
snb94149rym_17.jpg
▲上部
snb94149rym_18.jpg
▲簡易レベル測定
snb94149rym_19.jpg
▲三角点から少し下がった場所に絶好の眺望地があった。

▲ストリートビュー(パノラマ)
snb94149rym_20.jpg
▲眺望を楽しんだ後、三等三角点 仕10 「先達」を訪れるため、再びP1190へと向かった。
---基準点詳細---
基準点コード:TR35940568101
点名:石黒
俗称:石黒
所在地:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林3050林班る1小班
冠字選点番号:仕05
種別等級:三等三角点   
地形図:雫石
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°49′08″.0965
東経:140°45′47″.4405
標高:1097.10m
選点:明治43年04月21日
造標:明治43年06月01日
観測:明治43年07月29日
備考:笠間 孝順
---訪点記録---
訪問日:2017.05.05
自動車到達地点:林道・馬形線 BPより約3.4km待避所(残雪・落石により)
歩道:なし。残雪を利用して尾根を登る。荷葉岳経由
周辺:山林・ブナ・笹地
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:05:37 駐車地~荷葉岳経由
到達時間:10:52 三角点到達
出発時間:11:15 三角点出発
到着時間:15:21 駐車地
全行程:584分
備考:
---訪点の記---
・駐車地から三等三角点 久33「八瀬」を参照。
・三等三角点 久33「八瀬」から荷葉岳までは、二等三角点 世02「加陽」を参照。

 石黒山は、以前から気になっていた山であった。鶴ノ湯温泉を起点として、国地院1/25000に記載されている歩道が使えるとすれば容易に到達が可能であるが、廃道である可能性が高く、訪れる機会をうかがっていた。

 この日、荷葉岳の山頂から双眼鏡を使って石黒山を覗いてみると、三角点がある場所だけが消雪している可能性が高いのが確認できた。幸い主稜線上は、たくさんの残雪に覆われて藪を漕ぐことはなく、分岐となるP1190に戻ったとしても、往復で約7kmの距離である。この緩傾斜の地形ならピストンできると思い荷葉岳の山頂を後にした。

 荷葉岳の南東にある小ピークには登らずに、ピークを逸れてP1174を目指した。頭上の木々に等間隔で目印のテープが置かれていて、それを頼りに東進した。P1190のピークに登る前に進路を北に変えて進む。熊棚が何カ所かあり、ブナの巨木が林立していた。続くP1106から急斜面を下って石黒山へ続く尾根を繋いだ。

 周囲は100%の残雪で、アップダウンも少なく快適に進むことができた。登山というよりはブナ林のウォーキングといった感じである。続くP1066の手前から石黒山へルートを繋げて、最高地点のP1103へと到達した。

 本当に双眼鏡で確認した場所が三角点峰であったか不安になるほどの残雪であった。最高地点から緩やかに下って進むと、やはり鼻先にある小ピークが三角点のある場所であった。

 幸運なことに、三角点標石は、この2日程で頭を出したようで、標石とその周囲だけが消雪していた。どうやらこの山で一番先に消雪する場所のようである。

 安堵感と達成感に包まれ三角点を後にしたが、三角点の直下は絶好の眺望地となっており、秋田駒が眼前に迫って雄大な景色を楽しむことができた。

 石黒山からの復路は三等三角点 仕10「先達」を参照。
---地名の由来・追記など---
★石黒山 イシ・イワ(自然堤防)クロ(崖地・高い場所・傾斜地)で、物を積み上げたように盛り上がっている山。グロ(天然・または人為で、土石の小高くなったところ。イバラや雑草などの茂った草むらなど。
抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P53 イワ P186 グロ
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: