FC2ブログ

景27 「大森」 由利本荘市鳥海町上笹子字大森国有林


地形図とルート
yhj4ck10mr1_map.jpg


▲Google map
yhj4ck10mr1_01.jpg
姥井戸山から望む本峰。
yhj4ck10mr1_02.jpg
▲駐車地、小字大森から望む本峰。
yhj4ck10mr1_03.jpg
▲通行止めバリケードから出発。
yhj4ck10mr1_04.jpg
▲分岐地点を直進する。
yhj4ck10mr1_05.jpg
▲林業用作業道を辿る。
yhj4ck10mr1_06.jpg
▲作業道から沢へ降りる。
yhj4ck10mr1_07.jpg
▲目的の枝尾根に向かう。
yhj4ck10mr1_08.jpg
▲藪の枝尾根を登る。
yhj4ck10mr1_09.jpg
▲高度が上がると痩せ尾根となり登攀を強いられた。
yhj4ck10mr1_10.jpg
▲見上げれば、まだ先は長い。
yhj4ck10mr1_11.jpg
▲しばらく難所が続く。
yhj4ck10mr1_12.jpg
姥井戸山方面を望む。
yhj4ck10mr1_13.jpg
▲ようやくP728から続く尾根と合流。
yhj4ck10mr1_14.jpg
大仙山方面の景色。三等三角点峰の雀沢も望めた。
yhj4ck10mr1_15.jpg
▲急斜面を登り続ける。
yhj4ck10mr1_16.jpg
▲本日は好天に恵まれ気持ちが良くモチベーションもあがった。月山の山容が素晴らしい。
yhj4ck10mr1_17.jpg
▲こちらは西側、遠上山二ツ森を望む。
yhj4ck10mr1_18.jpg
▲東隣の難峰「大池大森」を望む。
yhj4ck10mr1_19.jpg
▲秋田・山形県境に到達。
yhj4ck10mr1_20.jpg
▲笹の地獄が待っていた。
yhj4ck10mr1_21.jpg
▲山頂まであと200mほどであるが、藪に阻まれ立往生。ルート修正を何度も強いられた。
yhj4ck10mr1_22.jpg
▲激藪区間を抜けだすと少し歩きやすくなった。藪越しの青空に気持ちが高揚。
yhj4ck10mr1_23.jpg
▲最後はツゲの藪を払って山頂の肩に出た。
yhj4ck10mr1_24.jpg
▲山頂・三角点に到達。

▲ストリートビュー(パノラマ)
yhj4ck10mr1_25.jpg
▲標石
yhj4ck10mr1_26.jpg
▲上部
yhj4ck10mr1_27.jpg
▲簡易レベル測定。若干の傾斜あり。
yhj4ck10mr1_28.jpg
丁岳と庄屋森を望む。
yhj4ck10mr1_29.jpg
▲山頂から山形県側の景色。(1600 x 472)

yhj4ck10mr1_30.jpg
▲山頂から秋田県側の景色。 (1600 x 482)
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840423101
点名:大森
俗称:大森山
所在地:秋田県由利本荘市鳥海町上笹子字大森国有林1014林班ち小班
冠字選点番号:景27
種別等級:三等三角点   
地形図:湯沢
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°01′52″.3225
東経:140°16′01″.8859
標高:1077.74m
選点:明治42年05月06日
造標:明治42年07月23日
観測:明治42年07月31日
備考:柴崎 芳太郎
---訪点記録---
訪問日:2016.10.19
自動車到達地点:林道・皿川線 小森沢作業道BP入口(バリケードあり)
歩道:小森沢作業道以外道なし 1013、1014林班界の尾根を登る。
周辺:灌木帯
状態:正常 傾斜あり
保護石:0個確認
出発時間:06:37 駐車地
到達時間:10:16 三角点到達
出発時間:11:16 三角点出発
到着時間:12:50 駐車地
全行程:373分
備考:
---訪点の記---
 小森沢作業道から入山、国有林入口からは重機道が続く。奥に行くにしたがって造林時の路網が迷路のようになっているが大通りを直進した。途中から予定のP723南西の標高760m付近に続く枝尾根に取り付くために、重機道の分岐を西進した。

 小森沢に下りて枝尾根に取り付く。笹と柴の藪尾根であったが、上部に行くにしたがってブナやクロベが点在する痩せ尾根となった。少々トリッキーでイヤラシイ危険な難所が続いた。。P728から続く尾根の手前では柴の藪であったが、急斜面の連続であったので、ホールドするものに困らなかった。

 P728から続く尾根は少し濃い笹と柴の藪であったが、微かな踏み跡を頼りに進んだ。急斜面に取り付いてからも踏み跡を追ったが、高度が上がるにつれて笹薮が濃くなり消滅してしまった。

 稜線に辿り着いて西進。すぐにネマガリダケの濃厚な藪が待っていた。笹が太く密生していて進行を妨げ、山頂がなかなか近づいてこない。藪の薄い場所を選びながら再び秋田県側へ向かうと、稜線の北側にトラバースするように薄い踏み跡を発見。それを頼りに笹と灌木の藪を進み続けた。山頂の手前になるとツゲやシャクヤクが混じった笹帯となり、岩場を一段上がると山頂に辿り着くことができた。

 山頂部は岩で形成されていているようで、三角点は唯一の土部分にあった。藪は腰高ほどで露岩部もあり、この日は天候も良く山頂からは360度のパノラマが広がり、絶景を楽しむことができた。

 地獄の藪漕ぎを経て辿り着いた天国の景色は登山するに値がある山であった。観音森林道が再整備されP1036峰を経由して登山道ができれば、良き登山対象の山となるであろう。
---地名の由来・追記など---
★大森 大きな森の意味。河川の大浸食崩壊地。神の祀り場、神が地に降りられる場所。
抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P67 オオモリ
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: