FC2ブログ

温13 「神室」 湯沢市雄勝秋ノ宮字役内役内山国有林


地形図とルート
yzw48971kmr0_map.jpg


▲Google map
yzw48971kmr0_01.jpg
▲神室山の頂上から望む本峰。
yzw48971kmr0_02.jpg
▲役内林道からガケ穴沢林道へ。駐車地からすぐに尾根に取りついた。
yzw48971kmr0_03.jpg
▲藪も薄く歩きやすい尾根。
yzw48971kmr0_04.jpg
▲昔は小径があったものと思われる。
yzw48971kmr0_05.jpg
▲所々で藪、灌木が生い茂る。
yzw48971kmr0_06.jpg
▲県境の稜線。近いようで中々進まない。
yzw48971kmr0_07.jpg
▲眺望地から高松岳、山伏岳方面の景色。紅葉も進んでいるようだ。
yzw48971kmr0_08.jpg
▲標高837m付近は平坦で踏み跡もあり歩きやすかった。
yzw48971kmr0_09.jpg
▲黄葉が素晴らしい。
yzw48971kmr0_10.jpg
▲少しザレた場所があり、この尾根で唯一、眺望が良かった。
yzw48971kmr0_11.jpg
▲高松岳、山伏岳。(帰路)
yzw48971kmr0_12.jpg
▲笹と黄葉のコントラストが素晴らしかった。
yzw48971kmr0_13.jpg
▲陽が射すと萌え出す紅葉。
yzw48971kmr0_14.jpg
▲三角点峰手前の小ピークは湿地帯であった。
yzw48971kmr0_15.jpg
▲小ピークの山腹をトラバースしながら三角点峰との鞍部へと向かった。
yzw48971kmr0_16.jpg
▲見事な黄葉。藪漕ぎの疲れも忘れさせてくれる。
yzw48971kmr0_17.jpg
▲山頂はすぐ目の前。藪の薄い場所を探しながら縫うように高みを目指した。
yzw48971kmr0_18.jpg
▲ラストの藪。三角点が落ち葉や土に埋もれて探せない状態になっていないか緊張する瞬間。
yzw48971kmr0_19.jpg
▲すぐに見つかった三角点。周囲を刈払ってランチタイム。

▲ストリートビュー(パノラマ)
yzw48971kmr0_20.jpg
▲標石
yzw48971kmr0_21.jpg
▲上部
yzw48971kmr0_22.jpg
▲周辺の木に登ってみたが眺望は無しだった。残念!
yzw48971kmr0_23.jpg
▲初藪漕ぎで県境ピーク三角点に到達したD氏。
yzw48971kmr0_24.jpg
▲珍しく写真に収まるデコ山氏。
yzw48971kmr0_25.jpg
▲帰路はD氏に藪漕ぎ訓練をしてもらった。
yzw48971kmr0_26.jpg
▲三角点峰手前の小ピークから望む軍沢岳方面。
yzw48971kmr0_27.jpg
▲三角点峰より標高が高い、山形県側にあるピーク。行ってみたかったが、時間的にアウト。
yzw48971kmr0_28.jpg
▲標高が高い場所ではナメコやムキタケが顔を覗かせていた。
yzw48971kmr0_29.jpg
▲疲労で脚にきているD氏。10秒チャージのレトルトカレーには抵抗感があるようだった。
yzw48971kmr0_30.jpg
▲隣りの三角石山から神室山に続く尾根。
yzw48971kmr0_31.jpg
▲こちらは神室山のピーク。
---基準点詳細---
基準点コード: TR35840247101
点名:神室
俗称:神室長根
所在地:秋田県湯沢市雄勝秋ノ宮字役内役内山国有林55林班た小班
冠字選点番号:温13
種別等級:三等三角点   
地形図:秋ノ宮
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯: 38°53′58″.4360
東経:140°31′22″.3788
標高:1115.40m
選点:明治42年05月03日
造標:明治42年05月25日
観測:明治42年08月31日
備考:柴田 嘉平
---訪点記録---
訪問日:2015.10.10
自動車到達地点:ガケ穴沢林道BPより0.3km駐車地
歩道:なし
周辺:笹地・灌木
状態:正常
保護石:0個確認(点の記には保護石を設置と記載がある)
出発時間:06:37 駐車地
到達時間:10:57 三角点到達
出発時間:12:06 三角点出発
到着時間:15:27 駐車地
全行程:530分
備考:他メンバー1名
---訪点の記---
 秋田・山形県境にある三角点峰(1115.40m)で、役内沢の源流部を担う一峰となっている。この県境稜線は通称:神室長根と呼ばれている。

 また、アプローチできる林道(役内林道)は役内集落から実に7km以上も険しい渓谷沿いを走らなければならず、災害が起きれば通行不可能となる確率が多い。

 ヤマレコではkamadamさんが残雪期の2012年05月20日(日)に、神室山を経由して踏破されていて、下山時に辿られた枝尾根を今回のルートとしている。

 今回は藪漕ぎ初心者が1名が同行した。本当は役内林道終点からガケ穴沢林道へと入り、終点から尾根を登りたかったが、この林道はどこまで進入できるかわからなかったので、ガケ穴沢林道の起点から300mほどにある駐車スペースに車を置いて枝尾根を登ることにした。

 尾根取りつきから・837までの尾根は思ったよりも歩きやすく、踏み跡が微かに付いていたが、藪化している場所もあって慎重にルートを辿った。・955から約200mほど進むと涸れ沢があり、対岸に渡って尾根を切り替えた。この付近からは枝尾根が判然とせず、斜面の進みやすい場所を選んで藪を切り開けながら進んだ。

 三角点峰の手前には小さなピークがあって、さらにその手前は笹と灌木、ツゲなどの藪帯があり、迂回しようとしたが無理そうだったので、ここは道を切り開いて直接ピークに取りつくことにした。ここは沢の源頭部のような湿地帯となっていて、続いて急斜面の藪を伝って這い上がった。ここの地形は少し難しいと思う。

 そして、小ピークの最高地点の少し下側をトラバースしながら三角点峰との鞍部へ向かうことにした。ここは藪と低木が支障となって進み難かった。梢越しに見える三角点峰が遠く感じられた。

 鞍部は少し深い涸れ沢が2~3集合していたので、小沢へ降りてから別の小沢へ入り三角点峰へ続く尾根へと取りついた。急斜面を登って進むと次第に藪が深くなってきたが、比較的、薄い場所もあって、縫うように進んだ。最後は笹の激藪を切り開けて山頂の三角点に到達した。

 とりあえず休み場所を確保するために三角点の周りを刈払って昼食とした。また、周辺は背丈を越える藪で、わい化したブナの木やナナカマドが点在していて、登ってみたが眺望は得られなかった。

 復路は藪漕ぎの訓練のため同行者を先頭にしながら下山を開始した。やはり後ろを付いて歩くだけではなく、実際に五感を使って体験することで、山に対する勘を少しでも養ってもらいたいと思った。また、途中で疲労のため脚に影響が出ていたので、水と10秒チャージのレトルト・カレーを提供した。

 それからキノコ採りと紅葉、景色を楽しみながら下山した。ちょうどムキタケとナメコが出ていた。眺望がきく場所では高松岳や山伏岳の稜線が遠くに望めた。

 また、午前中はガスっていた神室山の山頂も顔を出していた。特に三角石山から神室山へと続く大カゴ、小カゴの尾根の険しい斜面が印象的であった。
---地名の由来・追記など---
★神室 カム(神)・モリ(守)→カンモリ→カムロの転。「神守」の意。カブロ(木のないこと。禿地。崩壊地形・露出地形)。カム(傾)・ロ(接尾語)で、傾斜地の意。
抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P133,136
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: