FC2ブログ

世19 「五番森」 仙北市田沢湖生保内字生保内沢国有林


地形図とルート
sb94gbnmr1_map.jpg


▲Google map
sb94gbnmr1_01.jpg
モッコ岳から望む秋田駒、岩手山と本峰。
sb94gbnmr1_02.jpg
▲林道・志戸前川線から望む冷水山と本峰。
sb94gbnmr1_03.jpg
▲荒沢線西進約1km砂防堰堤付近から入山。
sb94gbnmr1_04.jpg
▲堰堤から河原を歩く。
sb94gbnmr1_05.jpg
▲小径を発見。
sb94gbnmr1_06.jpg
▲渡渉個所があった。
sb94gbnmr1_07.jpg
▲枝尾根の急斜面に取り付く。
sb94gbnmr1_08.jpg
▲枝尾根に乗る。国有林境界の小径が続いていた。
sb94gbnmr1_09.jpg
▲国有林境界標石沿いに登る。
sb94gbnmr1_10.jpg
▲小径は画像の左側(岩井沢)の杉造林地付近まで続いていた。
sb94gbnmr1_11.jpg
▲境界標石は続いていたが、次第に道は不明瞭になった。
sb94gbnmr1_12.jpg
▲標高700m付近からは残雪があり、道は完全に消滅してしまった。
sb94gbnmr1_13.jpg
▲標高860m付近まで残雪を使って登ると、笹薮に覆われた小径と再び出合った。
sb94gbnmr1_14.jpg
▲小径は南南西へ延びていたが、藪を漕ぐより残雪を歩く方が良いと感じ、北西側へと進路を変えた。
sb94gbnmr1_15.jpg
▲進路を変え枯れ沢を渡る。奥の藪は南南西へと延びる小径。
sb94gbnmr1_16.jpg
▲P982mへ向けて広い尾根を進む。
sb94gbnmr1_18.jpg
▲P982付近は残雪が途切れて藪になっていた。
sb94gbnmr1_19.jpg
▲鞍部に下り登り返すと再び残雪が現れた。
sb94gbnmr1_20.jpg
▲県境稜線。矮化したブナ群の中を進む。
sb94gbnmr1_21.jpg
▲県境稜線、秋田県側の藪から五番森の山頂を望む。
sb94gbnmr1_22.jpg
▲再び岩手県側に戻り最後の坂を登る。
sb94gbnmr1_23.jpg
▲山頂手前。三角点は残雪に埋もれているだろうと諦めモードに入る。
sb94gbnmr1_24.jpg
▲ちょうど三角点があるピークの雪は解けていた。
sb94gbnmr1_25.jpg
▲三角点に到達。

▲山頂・三角点付近。ストリートビュー(パノラマ)
sb94gbnmr1_26.jpg
▲標石
sb94gbnmr1_27.jpg
▲上部
sb94gbnmr1_28.jpg
▲簡易レベル測定
sb94gbnmr1_29.jpg
▲こちらは農商務省山林局が設置した主三角点。
sb94gbnmr1_30.jpg
▲標石
sb94gbnmr1_31.jpg
▲上部
sb94gbnmr1_32.jpg
▲簡易レベル測定
sb94gbnmr1_33.jpg
▲山頂から秋田駒方面を望む。

▲山頂から秋田駒・岩手山方面を望む。ストリートビュー(パノラマ)
sb94gbnmr1_34.jpg
▲山頂から和賀山塊を望む。

▲山頂から和賀山塊を望む。ストリートビュー(パノラマ)
---基準点詳細---
基準点コード:TR25940368501
点名:五番森
俗称:
所在地:秋田県仙北市田沢湖生保内字生保内沢国有林3055林班り小班
冠字選点番号:世19
種別等級:ニ等三角点   
地形図:鶯宿
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°39′09″.8968
東経:140°49′12″.9725
標高:1047.54m
選点:明治41年06月10日
造標:明治41年07月04日
設置:明治41年10月12日
観測:明治41年10月11日
備考:坂本 鍵吉・岡 栄次郎
---訪点記録---
訪問日:2016.04.24
自動車到達地点:林道・志戸前川線BPより南西進約6km、荒沢線西進約1km砂防堰堤
歩道:荒沢沿いに小径、尾根800m付近まで国有林境界小径あり。以後、残雪を使う。
周辺:山林
状態:正常 本点の南西約4m付近に主三角点あり。
保護石:4個確認
出発時間:04:42 駐車地
到達時間:07:01 三角点到達
出発時間:08:14三角点出発
到着時間:09:22 駐車地
全行程:280分
備考:
---訪点の記---
 大きな堰堤手前の広い場所に駐車。林道を直進したが、途中で崩落していて使えなかった。迂回して川床を進むと崩壊した林道の続きに小径があった。小径を岩井沢出合まで辿って沢を渡渉して急斜面の尾根取りついた。

 尾根には国有林境界の小径があり、境界標石が点在していた。桧造林地が岩井沢右岸に二か所ほどあり、小径は標高700m付近まで続いていた。造林地は近年、間伐されていたので、しっかり管理されているのだろう。その後は杣道程度の道が尾根を直登する形で標高800m付近まで続いていた。ちなみに、ここまでは境界標石とピンクテープがありRFをする必要がなかった。

 以降は笹薮の急斜面であったが、幸運にも残雪が現れた。急斜面の残雪は消えかかっていて何度も踏みぬいたり、笹の枝で滑ったりした。急斜面を登り終えると沢の源頭部が塹壕のように何本か東西に走っていた。先へ進むにはこの塹壕のような地形を乗り越える必要があったが残雪もたっぷりとあって、それほど苦にはならなかった。さらに鞍部にかけてはそれほど密度は濃くなかったが、一部で薮を漕ぐことになった。

 鞍部からの登りは緩傾斜で、邪魔な低木を縫うように進むと県境稜線へと飛び出した。岩手県側の眺めがよく、残雪も五番森まで繋がっていた。

 残雪が頂上部にあったので、三角点はあきらめモードであったが、近づくにしたがってピーク付近には雪がないのが判明してテンションは一気に上がった。

 登山家有志達によるダケカンバに掲げられている山頂プレートを確認してから標石を探し始めると、最初に農商務省山林局が設置した主三角点を発見した。標石の頭が丸いタイプのものであった。

 本命の二等三角点は、なかなか見つからず、GPSを頼りにまだ融雪後の倒れている笹藪をゴソゴソと探すと先に保護石を発見、次に二等三角点標石を発見した。

 保護石は4個。主三角点は4mほど南西側に位置していた。今日の天気は黄砂が若干混じっているようだが快晴で、目的も達成して清々しく感じた。

 眺望は北側は岩手山、秋田駒周辺、地森、貝吹岳など奥羽の脊梁を望むことができた。また、南側は羽後朝日岳を中心とした、大荒沢岳、畚岳、志戸内畚、包丁峰などの和賀山塊の奥山を望むことができた。

 本日は県境稜線に残雪があれば、地森(上地森)まで行ってみる予定であったが、目指す地森のずいぶん手前から薮が出ており、薮装備をしていなかったので諦めることにした。
---地名の由来・追記など---
★五番森 秋田駒から見て県境沿い五番目の山(森)数を意味するものからか(1.笹森山 2.貝吹岳 3.上地森 4.下地森 5.五番森)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: