FC2ブログ

取31 「下鉢山」 雄勝郡東成瀬村椿川字北ノ又沢国有林


地形図とルート
hg4nrs4m8ym_map.jpg



hg4nrs98br_02.jpg
東成瀬村・東山(下東山)から望む本峰。
hg4nrs98br_22.jpg
桑原岳から望む本峰。
hg4nrs4m8ym_01.jpg
桑原岳の山頂から藪へ突入。
hg4nrs4m8ym_02.jpg
残雪区間を縫うように辿る。東成瀬村・東山方面の景色。
hg4nrs4m8ym_03.jpg
鞍部に到達。ここからは雪堤を歩いた。
hg4nrs4m8ym_04.gif
上鉢山手前のP1072直下の残雪を横切るツキノワグマ。2頭いたが、とても大型の熊であった。
hg4nrs4m8ym_05.jpg
藪を殆ど漕ぐことなく下鉢山の近くまで到達することができた。
hg4nrs4m8ym_07.jpg
下鉢山東側末端に到達。尾根は急傾斜で藪であったので、残雪がある北側へと回り込んだ。hg4nrs4m8ym_06.jpg
長靴履きにはイヤらしい傾斜。無理をしないで確実に進むため、上部の藪との境目を辿った。
hg4nrs4m8ym_08.jpg
八蔵森(左側)と上下東山(右奥)を望む。
hg4nrs4m8ym_09.jpg
急斜面の残雪と藪区間をトラバース。その度にアップダウンを強いられた。
hg4nrs4m8ym_10.jpg
アップダウンのついでに尾根上に出てみる。素晴らしい眺望に感動した(ストリートビュー)
hg4nrs4m8ym_11.jpg
激藪を避けるため再び尾根から降りる。ここを登れば山頂であったが、残雪で三角点標石を見付けられないと覚悟した。
hg4nrs4m8ym_18.jpg
眼下に広がる素晴らしい景色
hg4nrs4m8ym_12_20160518070227600.jpg
三角点標石は諦めることにしたが…。GPSの登録地点はもう少し西側(画像奥)を指していた。
hg4nrs4m8ym_13_20160518070227c5d.jpg
山頂・三角点に到達(ストリートビュー)
hg4nrs4m8ym_14.jpg
標石
hg4nrs4m8ym_15.jpg
上部
hg4nrs4m8ym_16.jpg
簡易レベル測定
hg4nrs4m8ym_17_2016051807022519b.jpg
焼石岳方面の景色。
hg4nrs4m8ym_19.jpg
上鉢山・平松山方面の景色
hg4nrs4m8ym_20.jpg
この後、再び桑原岳へと戻った。
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840467201
点名:下鉢山
俗称:
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字北ノ又沢国有林1010林班く小班
冠字選点番号:取31
種別等級:三等三角点   
地形図:焼石岳
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°03′32″.75 GPS測定 (成果停止)
東経:140°47′13″.46 GPS測定 (成果停止)
標高:1092.3m GPS測定 (成果停止)
選点:明治43年05月30日
造標:明治43年07月22日
観測:明治43年09月30日
備考:塚本 鶴次郎
---訪点記録---
訪問日:2016.05.08
自動車到達地点:岩手県側 林道・北沢線現況EP
歩道:なし。尾根伝いに登る。稜線残雪あり。
周辺:山林
状態:正常
保護石:1個確認
出発時間:05:23 駐車地
到達時間:09:48 三角点到達
出発時間:10:00 三角点出発~桑原岳(再)経由
到着時間:14:24 駐車地
全行程:541分
備考:
---訪点の記---
桑原岳からの急降下、左右の尾根脇に残雪があるのが確認されたが、下り藪のために、そのまま突っ切って残雪上にでた。目指す下鉢山は桑原岳から直線距離で約2km程であるが、近いようで遠く感じられた。なんとか残雪が繋がっているのが確認できたのが救いであった。

周囲の眺望は良く、上鉢山方面や東山、焼石岳などが望めた。東成瀬村の秘境の中の最深部であり人を寄せ付けない荒々しい地形が印象的であった。突然、上鉢山手前のP1072mの直下を2頭の熊が残雪を横切っていたのを見たが、笹丈と比べてみても軽く2mは越えていであろうと思われる成獣であった。

残雪区間はしばらく続き、分水嶺を越えてP1056mを順調に通過した。このまま下鉢山との鞍部に下るのだが、下鉢山へ登りは藪突き急斜面の岩倉で標高差があった。

なるべく藪ではなく残雪を利用してみたが、北斜面が思ったより急傾斜であり、滑落する恐れがあった。雪質は多少腐れ気味でキックステップもそれなりに効いたが、この山塊の最深部で単独行での怪我は致命傷だと思ったので、残雪と藪の切れ目を縫うようにトラバースしながら進んだ。

山頂手前の微高地では両側がスッパリ切れていて、高度感も眺望もあり最高のスリリングなロケーションに気持ちは高ぶった。

さらに山頂・三角点までは何度も藪を避けるために小刻みにアップダウンを繰り返したが、体力を大幅に消耗してしまった。

山頂は残雪があり三角点の発見は絶望的だと思われたが、幸い三角点がある場所は雪が消えており、容易に発見することができた。桑原岳から約1時間であった。

携帯電話(iphone6)のバッテリーが寒さのためか残量1%となっていて焦った。急いでストリートビューとレベル測定を行った。行動していると暑くて汗が出ていたが、良く考えると0℃近い気温である。しかも暴風なのでバッテリーへの負担は避けられなかった。仕方なく必要最低限の撮影を終えてiphoneの電源を切った。

帰路は藪を漕がずに危険な北斜面の残雪をトラバースしながら戻った。アイゼンとピッケルがあれば問題ではないが、スパイク長靴の私には全くイヤらしい斜面であった。途中ではシャリバテのため風を避けて斜面で軽食を摂った。

残雪上に往路での自分の踏み跡を見付けるとホッとした。快適な雪堤を歩き、暴風の吹き荒れる桑原岳斜面を北側に巻いて登ると再び桑原岳の山頂に辿り着くことができた。

私は風の当たらない日向で少し落ち着かせたipnoneを再起動させると50%までバッテリーが回復していた。これで桑原岳のニ等三角点をじっくり探すことができると思った。
---地名の由来・追記など---
★下鉢山 ハチ(鉢)形による見立て地形。円錐型の山。動詞ハツル(削)の語幹ハツの転で「削られたような地形」など。岩手県境上に上鉢山がある対の山。 抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P527 ハチ

栗駒山・栃ヶ森山周辺森林生態系保護地域 東北森林管理局
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: