FC2ブログ

温27 「山猫森」 湯沢市皆瀬字奥小安国有林


地形図とルート
yz848mnkmr1_map.jpg



山猫森から望むView

yz848mnkmr1_01.jpg
竹ノ子森の肩から山猫森方面を望む
yz848mnkmr1_02.jpg
高松岳、吹突岳方面の景色
yz848mnkmr1_03.jpg
名残程度の残雪。時間短縮になるのでありがたい
yz848mnkmr1_04.jpg
このまま雪堤が続いてくれたらと願うが・・・
yz848mnkmr1_05.jpg
雪堤が途切れて藪の中へと進む
yz848mnkmr1_06.jpg
藪の中を突き進む
yz848mnkmr1_7.gif
梢越しに滝ノ沢山手前の大崩壊地を望む
yz848mnkmr1_08.jpg
残雪が途切れそうになるが何とか続いてくれていた
yz848mnkmr1_09.jpg
残雪がなかったらどんなに苦労しただろう
yz848mnkmr1_10.jpg
覚悟を決める時がきたようだ
yz848mnkmr1_11.jpg
全ての喜怒哀楽、そして邪念を捨てて藪漕ぎに集中するのみ
yz848mnkmr1_12.jpg
歩きやすい場所を探しながらルートファインディング。次第に麻痺して藪に慣れてくる
yz848mnkmr1_13.jpg
何度も雪堤を越えて藪を抜けた。そろそろ山猫森に近づいてきたようだ
yz848mnkmr1_14.jpg
そして、山猫森へ。周囲のブナ林が素晴らしい
yz848mnkmr1_15.jpg
山猫森ピークの少し手前が三角点のある場所
yz848mnkmr1_16.jpg
GPSが不安定で三角点の場所が特定できず、手さぐりで探し当てた
yz848mnkmr1_17.jpg
標石
yz848mnkmr1_18.jpg
上部
yz848mnkmr1_19.jpg
簡易レベル測定
yz848mnkmr1_20.jpg
時間切れで周辺探索を切り上げて戻ることにした
yz848mnkmr1_21.jpg
虎毛山塊の核心部、もの凄い強い風が尾根まで吹き上げてきた
yz848mnkmr1_22.jpg
P1046付近から竹ノ子森手前の肩までの斜面
yz848mnkmr1_23.jpg
竹ノ子森山頂から須金岳を望む。この区間を3回も歩くとは思わなかった
yz848mnkmr1_24.jpg
須金岳直下の痩せ尾根付近に咲いていたシラネアオイ。疲労が色濃くなってきた中でとても励まされた
yz848mnkmr1_25.jpg
須金岳から須金岳登山道方面を望む。疲労はピークに達していた
yz848mnkmr1_26.jpg
夏道に合流後に燃料チャージ。この後、P1191.5の三角点を探訪
yz848mnkmr1_27.jpg
帰路、8合目付近の登山道から見た稜線。斜陽に輝いて目に焼きつく景色となった
---基準点詳細---
基準点コード: TR35840259401
点名:山猫森
俗称:
所在地:秋田県湯沢市皆瀬字奥小安国有林1048林班ね小班
冠字選点番号:温27
種別等級:三等三角点   
地形図:秋ノ宮
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯: 38°54′32″.8415
東経:140°40′45″.1506
標高:1034.25m
選点:明治42年05月25日
設置:明治42年06月17日
観測:明治42年09月05日
備考:柴田 嘉平
---訪点記録---
訪問日:2015.05.17
自動車到達地点:寒湯沢登山口の手前、駐車地
歩道:途中まで寒湯沢登山道・稜線は道なし
周辺:笹地・灌木
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:05:40 駐車地
到達時間:10:40 三角点到達
出発時間:11:06 三角点出発~竹ノ子森~須金岳三角点経由
到着時間:16:47 駐車地
全行程:667分
備考:
---訪点の記---
竹ノ子森まで快調に進んだので、この勢いを止めないようにと山猫森へと急ぐ。竹ノ子森からは尾根の南側に残雪がたっぷりとあったが、県境尾根分岐からP1045との鞍部付近で残雪は途切れた。そして、猛烈な藪漕ぎ。それでも所々で残雪に助けられ進んだ。本当に稜線を歩けるギリギリの時期。藪が濃くて厳しさを強いられたが、この順調な流れに乗って勢いで進んだ。

途中では残雪を繋いでのルートファインディングが面白いように進み、山の神が山猫森まで導いてくれているような幸運な場面が続いた。

そして、さらに幸運な事に山猫森手前からは雪堤となった。東側のブナ林と残雪のコントラストがとても気持ちいい。雪堤から山猫森ピークに向けて進むが、ピークが判然としないので、GPSを見ながらとりあえず三角点を探すのだが、GPSが不安定なのかワンショットを突けないでいた。

こんな時は地形を読んで平らな場所を探す。これは設置する時に櫓を建てるためや標石を設置するために、三角点がある場所は平坦な場所になっていることが多いからである。そして、私の読みが当たり三角点と遂に御対面。周囲は雪堤がなけれな日帰りでは到底来れないであろう笹藪となっていた。

三角点がある場所はピークから少し南側にあるようだ。ピークにも行ってみたかったが、既に時間切れ。再び須金岳の登山道までピストンしなければならなかった。

帰路は時間との戦いであったが、時間に余裕があれば須金岳の三角点1191.5mまで行く予定であった。

須金岳の手前の痩せ尾根、核心部分まで戻ると徐々に疲労が襲ってきて、須金岳~登山道の藪漕ぎになるとヘトヘトに疲れ藪流れを起こし、ルートから外れていく始末であった。疲労困憊でこのまま帰ろうかと思ったが、具なしのレトルトカレーをチャージすると見事に復活したのであった。

それから無事に1191.5mの三角点も見つけだし、計画していた日程を全て無事に終えることができた。

最後は、斜陽に輝く須金、竹ノ子、山猫森の稜線を眺めながら、苦労に報いただけの輝きと眩しさが私の瞼に、そして、脳裏に焼き付いた。
---地名の由来・追記など---
★山猫 山・猫であれば山(高く凸した場所)猫(ネキ・根際の転でかたわら。側、高所、峰、微高地など。
抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: