FC2ブログ

能09 「西ノ目」 湯沢市高松字上西ノ峰


地形図とルート
yzws24nm_map.jpg


ビュー: 三等三角点 能09「西ノ目」(撮影: deco yama3

yzws24nm_01.jpg
戸平付近から望む本峰
yzws24nm_02.jpg
久根合付近から望む本峰
yzws24nm_03.jpg
林道から作業道へ入る
yzws24nm_04.jpg
作業道は廃道になっていたが初冬なので枯れていて歩きやすくなっていた
yzws24nm_05.jpg
途中から急斜面を登りショートカットした
yzws24nm_06.jpg
作業道終点から山頂に向かう
yzws24nm_07.jpg
尾根の途中から丸森山を望む
yzws24nm_08.jpg
尾根の途中から二階山を望む
yzws24nm_09.jpg
尾根の途中から奥宮山を望む
yzws24nm_10.jpg
山頂の肩付近。西側から小径があるようだった
yzws24nm_11.jpg
山頂部分は藪だったが初冬のため枯れていた
yzws24nm_12.jpg
枯れた藪に埋もれ探すのに苦労した三角点
yzws24nm_13.jpg
標石
yzws24nm_14.jpg
上部
yzws24nm_15.jpg
簡易レベル測定と携帯電波状況
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840448001
点名:西ノ目
俗称:
所在地:秋田県湯沢市高松字上西ノ峰9
冠字選点番号:能09
種別等級:三等三角点   
地形図:稲庭
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯: 39°04′24″.6398
東経:140°30′09″.7346
標高:333.14m
選点:明治42年04月21日
設置:明治42年00月00日
観測:明治42年08月31日
備考:青木一郎
---訪点記録---
訪問日:2014.11.22
自動車到達地点:真木ノ沢林道
歩道:途中まで廃作業道。以後、道なし
周辺:原野
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:09:55 駐車地
到達時間:10:18 三角点到達
出発時間:10:55 三角点出発
到着時間:11:11 駐車地
全行程:76分
備考:
---訪点の記---
この三角点は航空写真で確認すると山頂付近が草藪のようで、時期を選んで探訪する機会を窺っていた。国土地理院の最新版に本点の東側まで林道が記載されるようになったので、草藪の無くなる初冬に訪れてみることにした。

久根合から農道を北に向かい、宇留院内川を渡った。かつてはこの山際の狭い地に村があった(高松叢史)というが、現在は神社を残し田畑のみとなっていた。ここから真木ノ沢の林道をさらに北進すると目指す林道の支線が現れた。しかし、すでに廃道になっていて、路面上には枯れた草が覆いかぶさっていた。

この時点で地形図に記載の林道だと思わず一度、素通りをしてしまった。しかし、道はさらに悪路となってきたので再び作業路入口まで戻った。

草藪は枯れて歩けるようだったので出発して藪跡の作業路を辿った。天候が悪化する気配があったので、手早く探訪を終わらせたい気分であった。この時期に雨に濡れると低体温になる可能性があるからだ。

作業路を歩いていると途中でカモシカに出会った。カモシカは基本的に一目散に逃げるようだが、時には威嚇の声を出して追ってくる個体もあるので要注意だ。

作業路は奥に行くにつれて荒れてきたので、歩きやすい場所を見つけながらショートカットするように急斜面を登って高度を稼いだ。また、心配していた雨が少し降ってきたので少しペースを上げた。

作業道終点から少し笹藪を漕いで尾根筋に辿りついた。山頂方向に微かな踏み跡があったが、獣道のレベルであった。また、急坂を登りきると西側の尾根から道らしきものが見えた。こちらも私が登って来たような状況と同じに見えたが、いずれにしてもこの西側尾根との分岐から最高地点にある三角点までは道は無い。

その分岐付近から雑木林の中を少し歩くと開けた草藪に出た。航空写真で確認して予想していた展開である。さすがに一度、雪が積もって消えた後だと藪が無くなっていた。

しかし、枯れた草が厚く伏せていて三角点をすぐに見つけることができなかった。GPSを頼りに草刈り鎌で地面を突き刺すも、その一点を突く事が出来なかった。点がダメなら線があることに気づき、私は山頂から少し下り、GPSの三角点があるポイントに向いながら鎌を順番に地面に突き刺していった。

最高地点と思われるススキが繁茂していた場所まで来ると「カツン」と石質の音が聞こえた。枯れたススキを払いのけるとそこには三角点があった。私がニヤリとしたのは言うまでもない。

探すのに夢中なっている間に天候が回復していたようだった。お目当ての三角点を探し当てることができてなかなか清々しい気分であった。少し下の方でカモシカが鳴いている声が聞こえたので、私も居場所を知らせるために声を上げた。それ以降、カモシカの気配を感じることはなかった。
---地名の由来・追記など---
★西ノ峰 久根合・中屋敷・中村から見た方角にある峰・山。
★久根合 久内・久弥合・久子合・九内と書いた。この部落は元、馬置沢の入口にあった部落と伝えられている。宮内という人の名から起こったものか。またクネとて山境、河境、宅地境に畔根として打った畔垣より来る名か。クナイは「封界合」の省語か。抜粋「高松叢史」より
★クネ 日向で土地隆起して通過を妨げる場所。山腹で峰のような形の所。堤、土手。田の周囲の畔。抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P177 クネ抜粋「角川日本地名大辞典 5 秋田県」角川書店 P
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: