FC2ブログ

能44 「殿蓋」 湯沢市雄勝町秋ノ宮殿蓋


地形図とルート
yzw4dng1_map.jpg

ビュー: 殿蓋山・山頂(撮影: deco yama3

yzw4dng1_01.jpg
浅萩集落から望む本峰
yzw4dng1_02.jpg
かつて院内銀山に送電していた椛山発電所前を通る
yzw4dng1_03.jpg
狭い山道を走ると本峰が見えてきた
yzw4dng1_04.jpg
地形図に記載の歩道は見当たらず藪に埋もれていた
yzw4dng1_05.jpg
台地南端から南側の尾根を目指すことにした
yzw4dng1_06.jpg
尾根取りつき付近
yzw4dng1_07.jpg
尾根に到達
yzw4dng1_08.jpg
高度が上がると岩が点在していた
yzw4dng1_09.jpg
登りきる直前にある大岩。帰路は大岩の突端に登ってみた
yzw4dng1_10.jpg
登りきると平坦な尾根歩きとなった
yzw4dng1_11.jpg
平坦な尾根から烏帽子山方面を望む
yzw4dng1_12.jpg
緩い上部の尾根の始まりと地形図に記載の歩道との分岐地点。もちろん道は確認できず
yzw4dng1_13.jpg
歩きやすい緩斜面を登る
yzw4dng1_14.jpg
頂上に到着。藪をかき分け三角点を探す
yzw4dng1_15.jpg
三角点
yzw4dng1_16.jpg
標石
yzw4dng1_17.jpg
上部
yzw4dng1_18.jpg
簡易レベル測定と携帯電話電波状況
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840432701
点名:殿蓋
俗称:殿蓋山・羊ヶ岳
所在地:秋田県湯沢市雄勝町秋ノ宮殿蓋1
冠字選点番号:能44
種別等級:三等三角点   
地形図:湯沢
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯: 39°01′16″.6706
東経:140°28′26″.0195
標高:479.78m
選点:明治42年05月25日
設置:明治42年07月13日
観測:明治42年09月21日
備考:青木 一郎
---訪点記録---
訪問日:2014.10.05
自動車到達地点:樺山発電所から東進約1.5km送電線下
歩道:なし・尾根を登る
周辺:原野・山林
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:11:44 駐車地
到達時間:12:11 三角点到達
出発時間:12:34 三角点出発
到着時間:12:50 駐車地
全行程:66分
備考:
---訪点の記---
椛山発電所から細く狭い林道を走ると緩斜面に果樹園が広がっていた。林道の狭さとは対照に広くて明るい場所だった。道端の石仏や祠、段々畑や柿、栗の木などがノスタルジックな情景だった。正に日本の山里の原風景である。

大正三年1/50000地形図には民家が数軒ある。また、殿蓋遺跡と呼ばれる遺跡もあり、往時から人々の生活の場があったようだ。現在は果樹園と畑だけで、奥に進むにつれて放棄された土地が藪に埋もれていたのが目立った。

地形図に記載の山頂までの破線(歩道)は藪に埋もれ、山頂直下は放棄地ばかりであった。葛やススキ、ワラビなどの植物が繁茂していて、とても判別できなかった。草藪が無い時期に登頂しようと今回の探訪を断念しようとしたが、目指す南側の尾根が意外に近く感じられたため登頂することにした。

意を決して飛び込んだススキと葛の藪は、いざ入ってみると歩きやすく、少し藪を漕いだだけで斜面に取りつくことができた。少し急斜面だったが難なく南側の尾根に到達した。そこからは少し痩せた尾根を登った。灌木が少しうるさかったが、歩きやすい尾根で、所々に岩が露出しているものだった。

上部の平坦地に辿りつくと、際の部分に大きな岩があった。地形的には奥宮山を思い出すような感じだったが、木々に視界は遮られ眺望は悪かった。

平坦地の部分は一部を除いて歩きやすかった。眼下の川原、夜牛集落や烏帽子岳を望むことができた。

そこから緩い坂を登ると山頂部に辿りついた。ススキなどの草藪が繁茂していて、なかなか三角点を探すことができなかった。発見後は周囲の草を刈払って休憩と撮影。何もない藪の山頂を早々に降りた。
---地名の由来・追記など---
★でんがい・てんがい 天蓋の形に見立てた地形か。てんがりであれば頂上。
抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P431 てんがい

★殿蓋山遺跡 殿蓋山遺跡は、役内川の西に接する川原の集落の対岸にある椛山発電所の背後の丘陵上に位置している。東の山塊から伸びてきた丘陵の西端が、役内川を望む位置に至る標高約320m前後の西斜面に立地している。

遺物が出土するのは、高圧線鉄塔が位置する果樹園となっている頂部から斜面を西に下った丘陵突端部に近い場所で、南北約100m、東西50m~60mのほぼ平坦な台地上である。遺跡は現在、野菜畑や果樹園となっている。
抜粋「みちのく縄文地名発掘」 雄勝-秋田県雄勝町文化調査報告書 日本地名学研究所編 P63 殿蓋山遺跡
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: