FC2ブログ

呂09 「笹森山」 由利本荘市赤田字滝ノ上国有林


地形図とルート
yhj43smr8m_map.jpg


より大きな地図で 由利本荘市 を表示
yhj43smr8m_01.jpg
由利本荘市・岩城町亀田・高城山から望む本峰
yhj43smr8m_02.jpg
赤田・藤四郎沢付近から望む東光山(笹森山は見えない)
yhj43smr8m_03.jpg
東光山登山口
yhj43smr8m_04.jpg
一合目r「賽の河原」荒沢座川の沢音が聞こえてきた
yhj43smr8m_05.jpg
二合目「鳥居の台」鳥居は既に倒壊してなかった
yhj43smr8m_06.jpg
杉木立の間の参道を進む
yhj43smr8m_07.jpg
さらに続く参道。広く快適で歩きやすかった
yhj43smr8m_08.jpg
三合目「清水泉流ノ滝」この付近は参道が崩れて歩き難い個所もあった
yhj43smr8m_09.jpg
四合目「薬師」
yhj43smr8m_10.jpg
五合目「毘沙門堂」山行の無事と家族の健康を祈った
yhj43smr8m_11.jpg
「参籠所」老朽化していて荒廃が酷かった
yhj43smr8m_12.jpg
参籠所の裏からの登り
yhj43smr8m_13.jpg
六合目「干餅倉」ここで少し休憩をした
yhj43smr8m_14.jpg
ここから七合目まで急坂が続き汗を絞られた。ちなみに地形図に記載の歩道とずれがある
yhj43smr8m_15.jpg
七合目「仏洞山分岐」仏洞山へは帰りに訪れることにした
yhj43smr8m_16.jpg
こちらは仏洞山方面。参道に倒木や藪があり、あまり登る人がいないようだった
yhj43smr8m_17.jpg
稜線の参道の傍らにはブナの巨木などがあり低山ながら魅力的な林層となっていた
yhj43smr8m_18.jpg
木々の間から傾山を望む
yhj43smr8m_19.jpg
快適な尾根歩き。林内を抜ける風が清々しかった
yhj43smr8m_20.jpg
八合目の「黒森山遥拝所」から黒森山が見えなかったので手前からの眺望
yhj43smr8m_21.jpg
九合目の「拝水」
yhj43smr8m_22.jpg
東光山の山頂に到着
yhj43smr8m_23.jpg
山頂の社殿
yhj43smr8m_pano.jpg
山頂からのパノラマ
yhj43smr8m_24.jpg
社殿正面の右奥から笹森山へと向かう
yhj43smr8m_25.jpg
笹森山との鞍部へ下る坂。何度か滑って転んだ
yhj43smr8m_26.jpg
鞍部。国有林境界沿いに小径が続く
yhj43smr8m_27.jpg
笹森山の山頂手前から東光山を望む
yhj43smr8m_28.jpg
山の名にふさわしく最後は笹藪の中を登った
yhj43smr8m_29.jpg
山頂に到着
yhj43smr8m_30.jpg
一等三角点標石
yhj43smr8m_31.jpg
上部
yhj43smr8m_32.jpg
番外編 仏洞山への登り
yhj43smr8m_33.jpg
登りきると国有林の標石
yhj43smr8m_34.jpg
国有林図根点 本27 標石
---基準点詳細---
基準点コード:TR15940018301
点名:笹森山
俗称:
所在地:秋田県由利本荘市赤田字滝ノ上国有林26林班り小班
冠字選点番号:呂09
種別等級:一等三角点   
地形図:本荘
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯: 39°24′18″.6491
東経:140°09′56″.8126
標高:594.49m
選点:明治27年06月06日真田義啓
設置:明治31年10月18日古田盛作
観測:明治34年05月28日古家政茂
備考:
---訪点記録---
訪問日:2014.06.21
自動車到達地点:東光山登山口
歩道:東光山・山頂まで登山道、笹森山まで境界刈払い道
周辺:笹地・灌木
状態:正常
保護石:4個確認
出発時間:09:23 駐車地
到達時間:10:47 三角点到達
出発時間:11:01 三角点出発~仏洞山経由
到着時間:12:25 駐車地
全行程:182分
備考:
---訪点の記---
登山口から東光山の山頂まで危険個所はなかった。五合目は毘沙門堂。それにしても参籠所の荒廃の仕方が痛々しい。

参籠所の裏から七合目の仏洞山分岐まで急坂が続いて汗を絞られた。急がずに、止まらずに、深い呼吸を一つ一つ地面に確実に置いて行くようにペースを保つ。

国地院の地形図に描かれている破線ルートは間違い。支尾根を一つ挟んでいる。

七合目からブナ林の広い登山道が続いた。八合目の黒森遥拝所のブナの木の根元には本28図根点があった。それにしても低山にも関わらずブナの樹がすばらしい。千本ブナのようなものもあった。

9合目の拝水から左側に踏み跡があった。水が出ているのだろうか。

緩やかな尾根をさらに進むと山頂に到着。東光山の山頂からの眺めが良かったが、無風で暑かった。ここからは本荘市内が一望できた。

笹森山へは山頂・参籠所の裏(向って右手)に進み、国有林班堺の刈払い道に沿って向った。東光山直下から鞍部にかけて急斜面で何度も滑りそうになる。

笹森山への登りは多少の藪漕ぎをした。また、山頂からは国有林の林班沿いに刈払いが行われてた。藪が出るまで期間限定で林班歩きができそう。山頂は笹や樹木があり眺望は良くなかった。

三角点から2~3m程南に微高地があり、傍らに昔は小祠があったのか、石質の人工物の残骸が土に埋もれてあった。そういえば、笹森山は赤田五峰のうちの一峰である。

帰路は七合目仏洞山分岐から仏洞山へ向かった。分岐からすぐの所に小祠がある。倒木を二、三本跨ぎ急坂を登ると国有林の境界標があり、少々藪っぽい尾根を西進すると最高地点に図根点本27があった。少し西側に下がった場所には小平坦地があった。
---地名の由来・追記など---
★笹森 ササ(細・狭・ササウ・笹・難所) 笹竹が多く生えている場所。その森。通行困難な森や小さな森も考えられるか。抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P155 ササモリ
★笹森丘陵北部、本荘市にある山。標高594.5m。周囲が断層線で囲まれた一つの山塊。主に緑色凝灰岩からなる。山名は笹の繁茂している山の意(山名辞典)山麓は針葉樹と広葉樹の混成林。笹森丘陵の名称は当山にちなむ。近くに黒森山があり、峰続きの東光山に神社がある。抜粋「角川日本地名大辞典 5 秋田県」角川書店 P309

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: