FC2ブログ

松22 「丹波」 秋田市河辺町岩見字岩見山国有林


地形図とルート
aktkwbtnbmr1_map.jpg


より大きな地図で 秋田市 を表示
aktkwbtnbmr1_01.jpg
番鳥森付近から見た本峰(カシミール3Dより)
aktkwbtnbmr1_02.jpg
丹波沢の流れ
aktkwbtnbmr1_03.jpg
貝七沢との出合い
aktkwbtnbmr1_04.jpg
途中、かなり大きな岩があった
aktkwbtnbmr1_05.jpg
深山の渓を遡行
aktkwbtnbmr1_06.jpg
渓に朝の光が差し込む
aktkwbtnbmr1_07.jpg
沢を離れ尾根に取りついた
aktkwbtnbmr1_08.jpg
藪をかき分け高度を上げる
aktkwbtnbmr1_09.jpg
対岸に山頂へ続く尾根が見えた。先はまだありそう。
aktkwbtnbmr1_10.jpg
涸れ沢を越えてさらに高度を上げる
aktkwbtnbmr1_11.jpg
細いブナと笹藪。山頂は近い
aktkwbtnbmr1_12.jpg
最後は濃い藪をかき分け山頂に到達
aktkwbtnbmr1_13.jpg
山頂の三角点に到着
aktkwbtnbmr1_14.jpg
標石
aktkwbtnbmr1_15.jpg
上部
aktkwbtnbmr1_16.jpg
帰路、山頂直下の丹波沢源頭部
aktkwbtnbmr1_17.jpg
丹波沢の涸れ沢
---基準点詳細---
基準点コード:TR35940439901
点名:丹波
俗称:丹波森山
所在地:秋田県秋田市河辺町岩見字岩見山国有林267林班へ小班
冠字選点番号:松22
種別等級:三等三角点   
地形図:田沢湖
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
緯度:39.4449.6007
経度:140.2948.1966
標高:1030.72m
選点:明治43年00月00日
設置:明治43年00月00日
観測:明治43年00月00日
備考:
---訪点記録---
訪問日:2013.09.28
自動車到達地点:田沢林道
歩道:なし 丹波沢を遡行後に藪尾根を登り到達
周辺:山林・国有林・広葉樹(ブナ)笹藪
状態:正常
保護石:2個確認
出発時間:05:56 駐車地
到達時間:10:22 三角点到達
出発時間:10:42 三角点出発
到着時間:14:35 駐車地
全行程:519分
備考:
---訪点の記---
この三角点を訪れる前の週、丹波森山北西約1.6km先にある三角点峰P944.3を探訪した時に舞茸採りの車でいっぱいだったので、少し早めに車止めに到着した。今日は余裕で車を駐車することができ、朝食を済ませてから向かった。

前回の探訪で杣道があることがわかっていたので、その杣道を辿りながら沢沿いを歩いた。前回の三角点探訪で降りてきた尾根までは約一時間ほどかかった。その先にも杣道は続いていたが、次第に踏み跡程度になり見失ってしまった。仕方がないので沢を遡行しながら歩みを進めた。丹波沢は比較的緩やかで歩きやすかった。途中からゴーロ帯となったが、特に難所も無く進むことができた。

しかし、現在のペースで歩き続けると再び時間切れとなりそうだったので、沢が二又になる場所から正面の尾根を伝って高度を稼ぐ事にした。尾根沿いはやはり笹藪だったが、先週の探訪よりは歩きやすく感じられた。一度、尾根は切れ、枯れ沢を渡り尾根を進んだ。笹藪が濃い所を避けながら進み、稜線に到達した。

小高いピークが山頂で、ブナの二次林がとても素敵だった。相変わらず笹藪をかき分け進むと山頂に到達した。三角点のある山頂は想像していたよりもずっと狭かった。
木々や藪に覆われた山頂からは眺望も無く、秋田の藪山らしい山頂だった。保護石は大きなものが北側に一つあり、西側に腐葉土に埋もれて一つ見つけることができた。復路の事を考えて休憩を早めに切り上げて山頂を後にした。

復路は往路の尾根を戻らずに丹波沢の源頭部を下った。最初は枯れ沢だったが、小沢を少しずつ集めて流れを強めていった。小瀑帯が続いたが、やがて5m程の落差の滝まで現れた。登る際も左右どちらかに巻けば登れると思ったが、沢登りが苦手な私には苦労に思われた。往路だったら断念していたと思う。

また、途中から沢が枯れ、ゴーロ帯となった。沢水は地下を流れる伏流水となっている模様だった。さらに下り続けるとまた沢水が復活した。そして、再び二又に辿りついた。思えば、藪尾根を伝うより沢を遡行する方が難儀かと思われる。

二又からは再び丹波沢を下った。途中で寄り道をしながら戻ったが、キノコの収穫はなかった。たぶん、キノコの生える林層の標高が低かったと思われる。日暮れまでは時間があったが、谷筋は暗くなってきたので、私は諦めて帰ることにした。二週に渡りこの山域をあるいたが、山懐と藪が深くてハードな山行となった。
---地名の由来・追記など---
★丹波 (1)台地(2)谷抜粋「地名の語源」鏡味完二・鏡味明克 P132 [タン]
★丹波 タバ、タンバ、タマは同義語で凹状の地。タニ(谷)ハ(端)の意味。また、タニワ(谷端)が転じて「丹波」になったという。抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P226[タンバクボ]
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: