FC2ブログ

能46 「陵森」 湯沢市秋ノ宮字大桑沢


地形図とルート
yz84rymr1_map.jpg


より大きな地図で 湯沢市 を表示
国道108号線 新万石橋付近から見た本峰
yz84rymr1_00.jpg
一等三角点「烏帽子山」から見た本峰(右奥)
yz84rymr1_01.jpg
大桑沢林道終点
yz84rymr1_02.jpg
入山地点。奥の尾根は烏帽子山へ続く
yz84rymr1_03.jpg
杉林の急斜面を登り尾根に取りついた
yz84rymr1_04.jpg
尾根の急坂を登り高度を上げる
yz84rymr1_05.jpg
625m付近にある松の大木
yz84rymr1_06.jpg
倒れた松越しから烏帽子山の山頂を望む
yz84rymr1_07.jpg
途中から踏み跡らしきものがあり歩きやすくなった
yz84rymr1_08.jpg
途中で出会った奇形ブナ
yz84rymr1_09.jpg
素晴らしいブナの二次林を進む
yz84rymr1_10.jpg
ブナ林と杉造林地の境を登る
yz84rymr1_11.jpg
山頂直下はで最後の急登が待っていた
yz84rymr1_12.jpg
山頂・三角点に到着
yz84rymr1_13.jpg
保護石は4個あった
yz84rymr1_14.jpg
標石
yz84rymr1_15.jpg
上部
yz84rymr1_16.jpg
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840431301
点名:陵森
所在地:秋田県湯沢市秋ノ宮字大桑沢
冠字選点番号:能46
種別等級:三等三角点   
地形図: 湯沢
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
緯度:39.0044.0057
経度:140.2520.3356
標高:822.12m
選点:明治42年00月00日
設置:明治42年00月00日
観測:明治42年00月00日
備考:
---訪点記録---
訪問日:2013.09.14
自動車到達地点:大桑沢林道終点
歩道:なし 藪尾根を登る
周辺:山林(ブナ帯)
状態:正常
保護石:4個確認
出発時間:07:37 駐車地
到達時間:09:37 三角点到達
出発時間:09:57 三角点出発
到着時間:10:45 駐車地
全行程:178分
備考:

---訪点の記---国道13号線、新万石橋から秋ノ宮側に入ってくると最初に右手に高く見える山である。マイナーな山で情報が乏しく、ルート選択に苦労した山であった。

前日、湯沢市内で集まりがあったので参加、雄勝の道の駅まで送ってもらい車中泊をした。朝はゆっくりと過ごし現地に出発をした。

寺沢橋から大桑沢林道に入るとコンクリート敷きの林道になった。途中で二度、小さな橋を渡ったが、この橋は埋没式で増水した時は渡ることができない。また、入山地点を探しながら進んだが、斜面に生い茂る草木に見つけられず、結局、ほぼ終点までコンクリート舗装されている林道終点の広場まで辿り着いてしまった。

身支度を整え山頂に続く尾根を見上げたが、藪と急斜面に断念して本峰と烏帽子山の鞍部を源流とする小沢川支流の沢に続く作業道跡を辿ってみることにした。

150m程歩くと右手の斜面が杉造林地となった、かなりの急斜面だったが、幸い藪は薄かったので急斜面を尾根目がけて登ることにした。ある程度まで登りトラバースしながら四肢を使い尾根に乗った。

尾根は藪化していたが比較的登りやすい状態。しかし、急斜面で息が上がった。ジメジメと梅雨のような天気にハエや蚊が大発生しているのか、おびただしい数に取り囲まれながら登り続けた。急斜面を登りきる辺りに目印となる三本杉が生えていて、その支枝がベンチのようになっていたので、少し休憩することにした。

急坂は相変わらず続いたが、P625まで辿りつくと平坦になった。ここには松の巨木があり、一際、目を引いた。しかし、一本は残念ながら倒れてしまっていた。倒れたおかげなのか、視界が少し開けて烏帽子山の山頂と南東にあるP900mの頂が双峙峰のように見えた。

ここから(P625)からは緩やかな坂が続いたが、獣道なのか、登山道なのか、少し踏みこまれた道が出現して、これを辿って山頂を目指した。730m付近ではブナ林が印象的な平坦な地形になった。どうやらブナ林は二次林のようだった。

平坦地が終わるとまた登りとなり、東斜面に杉造林地が見えてきた。ブナ林とと造林地の境目を登り続けると山頂直下の鞍部(770m)に辿りついた。杉造林地の末端部があったが道はなかった。

ここからは最後の登りで、急斜面になっていた。気温も急激に上がり息が上がったが、少し休憩を入れたら完全復活。山頂に辿りつくことができた。

山頂は”らしく”ない地味な場所で、眺望、祠や目印、三角点の表示杭もなく、どこにでもあるブナ林の一ピークに感じられた。三角点は腐葉土に埋もれていて、保護石があったおかげで発見できた。保護石は4個あり、相変わらずハエと蚊に悩まされながらも三角点の周辺を少し整備した。
---地名の由来・追記など---
一等三角点「烏帽子山」の北東約2,0km付近にある三等三角点の山。国地院の地形図では標高点のみ(822,2m)の記載で、名もなき山となっているが、字界では大桑沢の内なので、通称「大桑沢山」になるか。また、三角点名は「陵森」なので、別に地元での呼称があるのだろう。あくまでも三角点名は各点を識別するためのもの。また西側は国有林71林班と接していて、北北西約2,0kmの地点に湯ノ沢温泉などがある。
★クワ (桑・崩端・際・崖地) 抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P129 クワダイ
関連記事
スポンサーサイト



凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: