FC2ブログ

英25 「四居森」 雄勝郡東成瀬村字岩井川字岩井


地形図とルート
hg4nrs421mr_map.jpg


より大きな地図で 東成瀬村 を表示
hg4nrs421mr_01.jpg
▲県道40号線横手東成瀬線から見た本峰。
hg4nrs421mr_02.jpg
▲東成瀬・入道地区から見る本峰。
hg4nrs421mr_03.jpg
▲入山地点。
hg4nrs421mr_04.jpg
▲最初は用水沿いに歩いた。
hg4nrs421mr_05.jpg
▲最初は杉の造林地の斜面を登る。
hg4nrs421mr_06.jpg
▲次第に傾斜が増してきた。
hg4nrs421mr_07.jpg
▲崖地を登る。
hg4nrs421mr_08.jpg
▲崖地を登ると斜面が緩くなってきた。
hg4nrs421mr_09.jpg
▲三角点に到着。
hg4nrs421mr_10.jpg
▲標石
hg4nrs421mr_11.jpg
▲上部
---基準点 詳細---
 基準点コード:TR35840652701 
点名:四居森
俗称:
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村岩井川字岩井55-1 
冠字選点番号:英25 
種別等級:三等三角点 
地形図:横手 
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°11′27″.1841 
東経:140°43′05″.4377 
標高:767.76 m
選点:明治42年05月04日
設置:明治42年00月00日
観測:明治42年07月23日
備考:青木 嘉三治
---訪点記録---
訪問日:2010.07.07
自動車到達地点:林道・菅又沢EP。
歩道:なし 急斜面を登る。
周辺:山林
状態:正常
保護石:4個確認
出発時間:12:50 駐車地
到達時間:14:48 三角点到達
出発時間:15:09 三角点出発
到着時間:16:00 駐車地
全行程:169分
備考:
---訪点の記---
 地形図を見ると、とても険しい山である、この「四居森」。栗駒山の方から国道を下ってくると、目の前にそびえ立つ山が、この山である。

 国道342号線を、ジュネス栗駒の方へ向かい、直ぐに入道地区に至る道へ左折。途中、山内村方面に向う県道40号線に入り、菅又沢の支沢に伸びる林道に入った。

 0.6kmほど行くと、二手に道は別れるが、左側に伸びる支線林道を進んだ。さらに0.3kmほど行くと開墾地となり、広々とした場所からは、甲森や土倉、焼石岳などが望めた。さらに林道終点まで行ってみたが、この山への入口は見つからず、開墾地まで戻った。改めて、突き上げるほど天までそびえる四居森が眼前に迫り、殆ど垂直に近い斜面が私のモチベーションを下げた。

 ふと、開墾地の水路の奥に、あぜ道があるのに気がついた。私は、とりあえず何も持たずに偵察に入ってみることにした。少し行くと水路の終点が沢になっていて、その先の斜面から”行けそう”に思えた。これが悲劇?の始まりであった。

 点の記には、50分程で到達できると書いていたので、これ信じて身支度を整えた。確かに急斜面であったが、最初は杉林で下草も少なく歩きやすかった。このときは、まだ余裕をもって登る私がいたが、これは入口から0.3kmほど進んだ1つ目の尾根までのことであった。

 この尾根は、地形図より痩せていて、ナラやカエデ、そして椿の薮となっていた。足元に注意しながら進み、急な斜面に取り付いた。この日は、この暑さの中で柏峠、畑松峠の三角点を探訪してきたが、ここに来て突然、足が前に進まず動けなくなってしまった。

 滝のような汗が止まらず、水分の補給が追いつかなかった。さらに、腹が減ってきたが、食料が非常食しかなく、ザックの奥からフリーズドライのオニオンスープを取り出し、そのまま食べた。本当は塩辛いはずだが、私には甘く感じた。ちょうど薄味のコンソメチップスみたいだった。続いてミネストローネを食べてみたが、このトマトの強烈な酸味が私の体力を復活させてくれた。

 斜面を登るにつれ、露出した岩が岩壁となっていて、山頂への直登は無理と判断して西側へトラバースを余儀なくされた。登山は好きだが、ロッククライミングは勘弁。それでも二度、三度と垂直な岩を攀じ登った。また、土が露出した場所は滑りやすく、一度10mほど滑り落ちてしまった。実際は、とてもシビアな地形であった。

 気を取り直し、急な斜面を登り続けたが、GPSの地図を見ても頂上はまだ遠く、夕暮れまでの時間も押し迫り、続く急斜面を前、にここで始めて私は弱音を吐いてしまった。
「行くか、戻るか」を初めて真剣に考えたのだが、二度とこんな思いはしたくないと思い、最後まで諦めないで行くことにした。

 山頂が近いことを感じて、私は再び気を引き締めた。やっとの思いで急斜面を登りきると、頂上の三角点までは100mほど先にあった。ブナ林の中は、椿の薮に覆われていていたが、この場所に人が来た形跡は無く、手付かずのままのようであった。

 三角点がある場所の周辺は、笹薮となっていて、三角点は薮と落ち葉とコケに覆われていた。苦労したわりに眺望も無く、殺風景な薮の中の景色がゴールとなった。

 私は、十分に休憩をしてから三角点に付いた苔を拭い、周辺の薮を刈払ってから、この地を後にした。降りている途中、栗駒、焼石岳方面から雷の音が聞こえてきたので、柏峠で出会った登山道の刈払いの作業の方達のことを心配しながら下山した。
---地名の由来・追記など---
★岩井 川の上流に多い地名。イワ(岩・磐・巌)イ(井)で岩盤、岩場の場所。
抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P34 イワイド
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: