FC2ブログ

英24 「土倉岳」 雄勝郡東成瀬村岩井川字土倉


地形図とルート
hg49rs2s9rdk_map.jpg


より大きな地図で 東成瀬村 を表示
hg49rs2s9rdk_01.jpg
▲異様な雰囲気を醸し出す本峰。
hg49rs2s9rdk_02.jpg
▲入道集落から望む本峰。
hg49rs2s9rdk_03.jpg
▲採石場入口。
hg49rs2s9rdk_04.jpg
▲採石場を登る。
hg49rs2s9rdk_05.jpg
▲足場が悪く登りにくかった。
hg49rs2s9rdk_06.jpg
▲藪漕ぎを終え、三角点に到着。
hg49rs2s9rdk_07.jpg
▲標石
hg49rs2s9rdk_08.jpg
▲上部
hg49rs2s9rdk_09.jpg
▲高度感たっぷりの採石場。
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840662101 
点名:土倉岳
俗称:アリス
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村岩井川字土倉30
冠字選点番号:英24 
種別等級:三等三角点 
地形図:川尻 
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°11′32″.9594 
東経:140°46′02″.4788 
標高:1029.90m
選点:明治42年05月03日
設置:明治42年00月00日
観測:明治42年07月25日
備考:
---訪点記録---
訪問日:2010.09.11
自動車到達地点:合居採石場入口
歩道:なし。採石場の斜面を登る。
周辺:山林
状態:正常
保護石:4個確認
出発時間:12:59 駐車地
到達時間:13:59 三角点到達
出発時間:14:03 三角点出発
到着時間:14:40 駐車地
全行程:97分
備考:
---訪点の記---
 予定では、この日、甲森と土倉岳を攻略するはずだったのだが、悪天候のため決行するか悩んでいた。とりあえず、地形偵察をするので、近くまで行ってみることにしたが、採石場の入口にチェーンが張られていた。もちろん、立入禁止であるが、通り抜け禁止とは書かれていなかったので、通り抜けることにした。

 採石場には誰もおらず、不気味で無機質な重機が無造作に何台か置かれていた。露天掘りで掘られた山肌が痛々しかったが、土倉岳が不気味な姿で目の前に立ちはだかった。

 ガスがかかった山頂部は、強い風に吹き付けられ、時々ガスの切れ目から垣間見える剥き出しの露岩は、さらに不気味さを増し、私に底知れぬ恐怖感を与えた。

 入道地区から、四等三角点のある場所までの登山道はわからないが、間違いなくこの土倉岳への道は、地形図から抹消が必要と思われる。なぜなら、山が削り取られて全く道がないからである。

 山頂部は依然見えなかったが、露天掘りの段々が続くのみで、これは行けそうな感じがした。私は、地形偵察のはずが採石場の急な瓦礫の斜面を登攀していた。

 一段一段と登る度、に風が強くなり身体を揺さぶられた。足下は崖で足場も悪い。割れやすい合居石は、砂利には最適だろうが身体を支持するには不向きと思われた。

 採石場の露天掘りを何段も乗り越えて、やっと最上部まできたが、相変わらずガスで視界が利かず、周りの状況が良くわからなかった。晴れた日なら絶景が拝めたのだろうが、逆にガスの中を登攀した方が良かったのは、この後、復路の時に思い知らされることになった。

 露天掘り区間が終わると、今度は強烈な薮漕ぎが待っていた。三角点までは、100mもない距離のはずだが、低木の根などが邪魔で全然進まなかった。地形図には登山道があると記載されているが、今は完全廃道であった。

 GPSを確認して、三角点のある場所に辿り着いたが、地形的に少し狭く、当時、櫓をたてることができるような場所にはおもえなかった。私は、少し先にある平坦な場所まで行ってみたが、それらしき場所はなく、もう一度GPSが示す場所に行ってみた。

 その付近を良く捜すと、GPSの位置から少し北へずれた場所に保護石が二つ見えた。やはり、薮の中で三角点を探すときは鼻を擦るように四つん這いで探してみるものである。また、三角点の北側は、急な斜面(崖?)でガスで視界が無かったが、歩けばそこは空中のようであった。

 ここに来て、三角点周囲の薮を払うナタを忘れてきたことに気がついたが、できる限り、手で薮を払いって周りを綺麗にした。

 午後の時間も押し迫ってきたので、帰路に着くことにした。少し名残惜しかったが、帰りの採石場の崖を考えると、時間に余裕を持ちたかった。薮が切れると、足元以外は目の前は真っ白。濡れて崩れやすい赤土と不安定な瓦礫で、足場は最悪。転げ落ちるように斜面を下った。一段、また一段と露天掘りの急斜面を乗り越えた。

 突然、ガスが切れて目の前の視界が開けた。自分の置かれている高度感たっぷりの場所に、心臓が飛び出そうになり、足元が急にふらついた。晴れていたら絶対に登らなかっただろう。採石場の登攀は、ガスの中で正解だったと思う。あえて知らない方がいいこともあるというのは、こういう事なのだろうか。下まで降りた時はホッとしたが、同時に恐怖感が襲ってきた。
---地名の由来・追記など---
★ツチ 泥・湿地・ツキで高い場所 クラ(崖・倉)で崖地、急峻な山容 
抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P231 ツチカワ P271 タチクラ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: