FC2ブログ

則17 「秣岳」 雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷沢国有林


地形図とルート
hg4nrsmrmg3dk_map.jpg


▲Google map
hg4nrsmrmg3dk_01.jpg
▲国道342号線から望む本峰。(天狗森の南付近)
hg4nrsmrmg3dk_02.jpg
▲御来光と雲海に浮かぶ栗駒山と秣岳を虎毛山から望む。
hg4nrsmrmg3dk_03.jpg
▲同じく虎毛山から望む(山座同定)
hg4nrsmrmg3dk_04.jpg
▲栗駒山・秣岳縦走路から龍泉ヶ原を望む。
hg4nrsmrmg3dk_05.jpg
▲御駒岳にある図根点。
hg4nrsmrmg3dk_06.jpg
▲図根点標石。
hg4nrsmrmg3dk_07.jpg
▲御駒岳から秣岳を望む。
hg4nrsmrmg3dk_08.jpg
▲天馬尾根・白銀草原

▲ストリートビュー(パノラマ)
hg4nrsmrmg3dk_09.jpg
▲P1391 露岩場所からの眺め。

▲ストリートビュー(パノラマ)

▲オオシラビソ群落 ストリートビュー(パノラマ)
hg4nrsmrmg3dk_10.jpg
▲秣岳への登りから白銀草原を振り返る。
hg4nrsmrmg3dk_11.jpg
▲山頂三角点に到達。

▲ストリートビュー(パノラマ)
hg4nrsmrmg3dk_12.jpg
▲標石。残念ながら、成果異常で、現在停止となっている。
hg4nrsmrmg3dk_13.jpg
▲上部
hg4nrsmrmg3dk_14.jpg
▲簡易レベル測定
hg4nrsmrmg3dk_15.jpg
▲秣岳から須川湖方面の景色。
---基準点詳細---
基準点コード:TR35840356901
点名:秣岳
俗称:マグサ岳
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷沢国有林1014林班ロ小班
冠字選点番号:則17
種別等級:三等三角点   
地形図:栗駒山
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:停止 成果異常
東経:停止 成果異常
標高:停止 成果異常
選点:明治42年05月19日
造標:明治42年05月25日
観測:明治42年07月21日
備考:佐藤 富吉
(参考データ)
北緯:38°58′05″.73
東経:140°44′50″.93
標高:1417m
---訪点記録---
訪問日:①2010.08.07
自動車到達地点:須川高原温泉駐車場
歩道:登山道あり
周辺:笹地・灌木帯
状態:正常
保護石:0個確認

訪問日:① 2010.08.07
出発時間:06:46 駐車地
到達時間:10:01 三角点到達
出発時間:10:25 三角点出発
到着時間:11:48 駐車地
全行程:362分

訪問日:② 2017.09.24
出発時間:06:28 駐車地~栗駒山経由
到達時間:12:04三角点到達
出発時間:12:35 三角点出発
到着時間:14:01 駐車地
全行程:513分
備考:同行D氏

---訪点の記---
 天狗平に戻り、分岐から秣岳の天馬尾根コースに入ろうとしたが、入口が少しわかりにくかったので、最初は間違って湯浜コースに入ってしまった。直ぐに間違いに気づいたので、天狗平分岐まで戻って改めて天馬尾根コースから秣岳を目指した。

 天狗平から、緩やかな稜線を歩くと御駒岳に至る。ここには露出した図根点がある。苔生し長年風雨に耐えている姿が痛々しい。

 眼下には、雲の切れ間から龍泉ヶ原の湿原が望めた。素晴らしい景色に感動する。御駒岳からの下りは少し登山道が荒れていたが、高松岳~山伏岳程ではなかった。

 しばらく歩くと、露岩がある場所があり、これを越えると向こうには秣岳が見え、緩やかな下りとなってまたしても湿原となっていた。ここは白銀湿原と呼ばれオオシラビソの林がある。本当に天上の楽園のような景色に、私も同行者も感動の連続だった。

 白銀草原から、緩い坂を登った先に山頂があり、三角点もここにあった。ここでは同行者と二人で記念撮影をして御飯を食べた。天候は完全に回復して、日差しが強く照りつけ、一気に気温が上がってきた。秣岳からの景色も良く、栗駒国定公園内が良く見わたせた。

 帰路は、景色の良い九十九折の坂をひたすら下った。ガレ場を過ぎ、ブナを主体とする樹林帯となると、九十九折の広い山道となった。樹林帯の中は、無風で気温も上がって喉が渇き始めた。登山道というよりは古道のような道で、所々にブナの巨木が見られた。

 秣岳登山口に到着すると、水分を補給してアスファルトの上を須川温泉に向けて歩き始めた。ダラダラと続く道に、車で通り過ぎる観光者の視線、アスファルトからの照り返しと熱気で一気に疲れが来た。 須川温泉に到着してから、同行者の方と連絡先を交換して別れた。たいへんに印象に残る楽しい方だった。
---地名の由来・追記など---
★秣岳 秣場、秣を刈る草生地で、多くは入会地。マ(接頭語)クサ(腐・朽)で「湿地・崩壊地形」など。白銀草原を秣に見立てたか。抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P584
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: