FC2ブログ

能27 「鍋峠」 雄勝郡東成瀬村椿川檜山台


地形図とルート
nb10g_map.jpg

長倉牧場からみた三角点峰
nb10g_01.jpg
R342付け替え新道(当時工事中)
nb10g_02.jpg
入山地点
nb10g_03.jpg
杉造林地を登る
nb10g_04.jpg
テレビアンテナ?あり
nb10g_05.jpg
ブナ林を登る
nb10g_06.jpgギンリョウソウ
nb10g_07.jpg
稜線尾根にある沼

nb10g_08.jpg
モリアオガエルの卵
nb10g_09.jpg
三角点到着
nb10g_10.jpg
標石
nb10g_11.jpg
上部
nb10g_12.jpg
山頂からの眺め
nb10g_13.jpg
---基準点 詳細---
基準点コード:TR35840455901 
点名:鍋峠 
冠字選点番号:能27 
種別等級:三等三角点 
地形図:稲庭 
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
緯度:39.0303.2436 
経度:140.4410.2413 
標高:938.86m
選点:明治42年05月02日
設置:平成20年11月12日
観測:平成21年09月10日
傾斜処理:平成20年11月22日
旧設置:明治42年06月07日
旧観測:明治42年08月03日
備考:
---訪点記録---
訪問日:2010.06.26
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村椿川檜山台9
自動車到達地点:トクラ集落
歩道:途中まで小径あり
周辺:山林
状態:正常
保護石:0個確認
出発時間:05:29 林道駐車地
到達時間:07:01 三角点到達
出発時間:07:21 三角点出発
到着時間:08:28 林道駐車地
全行程:179分
備考:
---訪点の記---
鍋峠への入山路を地形図や白岩小沢からの写真を眺めながら考えていたら計画日の当日になってしまっていた。成瀬ダム建設に伴い国道342号線の付け替え工事によって現地の状況がわからなかったからだ。

私は桧山台集落に入ると入山のために駐車地を探したが、工事現場が続くのでトクラまで来ていた。ちょうど道路脇に駐車場を見つけ駐車すると山側に工事中の342号線の法面が見えていた。身支度を整え法面を登ると、北側に桧山台、円森山や大川目山がよく見え、南側にP900.3、足倉山が見えた。こちら側は成瀬ダムが建設されて目の前に長大なコンクリートの壁ができる予定である。景色を見に来たわけではないので、さっそく入山口を探すことにして周辺を歩いた。

とりあえず、ここから新道を100m程北進した。目の前のブナ林は鬱蒼として暗く、また、薮も深いので登る気になれなかったが、神社と庚申塚が道路沿いにあり、探訪の成功と安全を祈願した。気を取り直しスタート地点まで戻り今度は南進すると直ぐに作業道があった。この作業道を辿りながら行ってみることにしたが、私はなぜかこの道に期待はしなかった。

しかし、神社に立ち寄った御利益があったのか状況は好転、この山への入山口があったのである。GPSで場所を確認して入ってみたが、目印のテープもあってそれなりに踏み跡がしっかりとしていた。入山口からしばらく造林地内を登るったが、山道は尾根を直登するようになっているので高度は稼げるが急坂が続く。

標高650m付近まで登ると突然、目の前にテレビのアンテナが現れた。ここから上はナラやブナ、ダケカンバの混生林となった。また尾根も狭くなり一部、足場の悪い箇所もあった。所々、ギンリョウソウが「もののけ姫のコダマ」のように山道脇に群生していた。尾根は急坂と少しの平坦部を繰り返し高度を上げ、標高830m付近までくるとブナ林となり、ここを登ると今まで直線的な登りからトラバースするように北東に進路を変えた。ブナ林の上部は猛烈な笹薮で、それを避けるようにブナ林と笹薮の境目に山道は続いていた。標高880m付近まで来ると湿地帯(源頭部 カッチ)があり、さらに行くと沼があった。ちょうど三角点のある山頂と、南側のピークとの鞍部にあたる場所でモリアオガエルの卵(泡)が木々に無数にぶら下がっていた。

ここはモリアオガエルに遠慮して沼を迂回するように薮を漕ぎ北進した。沼を過ぎると笹と細めのブナの林の中となるが道は不明瞭で、この日は幸い目印のテープがあったが、下りでは沼の周辺を含め間違いやすいので注意が必要だった。

AM07:00 三角点のある場所に到達した。東側が思い切り開け素晴らしく眺望が良く、この県境地域の山塊が一望できた。南から虎毛の尻尾、狐狼化山、秣岳、栗駒山、大薊山、平ノ松山、石滝山、上鉢山、桑原岳、下鉢山、栃ヶ森山、そして目の前に北の又沢を挟んでP1008がそびえる。足元はスッパリと北の又沢に切れ込んでいて、高度感もたっぷりあり迫力があった。もちろん三角点のすぐ脇も崩壊して切れているので撮影の際には足元に気をつかった。

この目の前の雄大な景色を見ながら本当にこの地域の渓谷をダムに沈める気なのかと何度も頭の中に沸き起こってきた。地図を見てもわかる通り、この広大な区域は人間界から全く遮断された地形となっていて秘境となっているのがわかる。また、この区域一帯は「栗駒山・栃ヶ森山周辺森林生態系保護地域」にも指定されていてる。やがては雄物川の流れとなる一大水源地。私個人としてはこの深山幽谷の景色を手付かずのまま、そっと残して欲しい気がする。

話は戻り・・・撮影中に一匹の熊蜂が私の周りを常に私と1~2mの距離を保ったまま飛び続けていたのに気づいた。もうしばらくこのまま景色を眺めていたかったが、長居は無用。私はザックを背負い山頂を後にした。

山頂から沼までの道は迷いやすくGPSと照らし合わせないと北西斜面の方向に下りて行きやすいので慎重に下りた。その後も順調に下ってきたが、杉造林地あたりまで来たときに足に激痛が走った。東山で痛めた箇所が再び痛み出したのである。少し歩き方を変えたが全くダメでその場にうずくまった。幸い車の音が近くから聞こえる場所だったので、ザックからひざのサポーターを取り出しきつく巻きつけた。完全に足に癖がついてしまったようだ。
時々走る激痛に堪え、やっと登山口から作業道を辿り国道342号線の付け替え道路まで帰ってきた。法面を下りている途中、とつぜん滑り落ちて(けっこうな急斜面)しまったが、なぜかこれ以降は足の痛みが消えてしまった。
梅雨の無風状態で日差しも強く、朝の九時前にもかかわらず気温も27度あり、車まで帰ってきた頃には一気に体力を消耗してしまっていた。

こんなことがあり、続く三角点訪問地、能20 「五郎沢」、能28 「外返」は別の日に訪れることにしたのだった。
---地名の由来・追記など---
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: