FC2ブログ

李03 「椿川」 雄勝郡東成瀬村椿川字掃部畑


地形図とルート
hg4nrsmr2bkk8_map.jpg


▲Google map
hg4nrsmr2bkk8_01.jpg
▲本点の対岸、柏峠がある狼沢林道から望む本峰。
hg4nrsmr2bkk8_02.jpg
▲作業道の現況EPから入山。
hg4nrsmr2bkk8_03.jpg
▲廃道になった作業道へと入る。
hg4nrsmr2bkk8_04.jpg
▲作業道をトレースしながら進む。
hg4nrsmr2bkk8_05.jpg
▲裸地から続く樹林帯へと進む。
hg4nrsmr2bkk8_06.jpg
大日向山を望む。
hg4nrsmr2bkk8_07.jpg
甲森方面を望む。
hg4nrsmr2bkk8_08.jpg
焼石岳方面を望む。
hg4nrsmr2bkk8_09.jpg
▲樹林帯の中の小径を辿って登る。
hg4nrsmr2bkk8_10.jpg
▲山頂付近。
hg4nrsmr2bkk8_11.jpg
▲三角点に到達。
hg4nrsmr2bkk8_12.jpg
▲標石
hg4nrsmr2bkk8_13.jpg
▲上部
---基準点詳細---
基準点コード:TR25840556401
点名:椿川
俗称:
所在地:秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字掃部畑108
冠字選点番号:李03
種別等級:三等三角点   
地形図: 稲庭
測地系:世界測地系(測地成果2011) 
北緯:39°08′25″.4574
東経:140°41′13″.2720
標高:765.79m
選点:明治40年05月05日
造標:明治40年07月22日
観測:明治40年07月21日
備考:松尾 義男
---訪点記録---
訪問日:2010.06.26
自動車到達地点:ウムシノ橋から林道・金山線経由作業道西進、約3km 現況EP
歩道:小径あり
周辺:山林
状態:正常
保護石:4個確認
出発時間:09:46 駐車地
到達時間:10:27 三角点到達
出発時間:10:38 三角点出発
到着時間:11:23 駐車地
全行程:86分
備考:
---訪点の記---
 鍋峠の下りで再発した足の痛みも和らいだものの、いつまた痛みが出るかわからないので、とりあえず三角点まで道のある場所を選んだ。

 国道342号線より椿川地区より大学商店前のY字路をウムシノ橋を目指した。地図記載通りその橋のすぐ脇に林道があり、砂利敷きの林道だが、所々コンクリートの簡易舗装が施されていた。二ヶ所ほど分岐点があるが、一つ目は左折、二つ目は右折をして林道を進んだ。林道の入口から3km程で車止めとなった。

 この車止めからもさらに林道は続いていたようだったが廃道となっていた。林道跡とはいえ盛夏で草木が生い茂っていて足元の木や蔓に何度もつまずいて全く歩調が上がらなかった。

 その廃道跡を辿って終点まで行くと粘土質の土が露出した開けた場所に着いた。ここからは四居森、三森山、甲山、蟻巣山、焼石岳などが見渡せ、遠くに真昼岳や和賀岳などが望まれた。

 この場所から尾根を辿る小径を辿ると杉の造林地となった。少し登ると笹薮と雑木林となり三角点へ向かう分岐点に至った。三角点周囲は刈払いがされていたが、周りの木々が高く全く周囲の眺望がなかった。
---地名の由来・追記など---
★椿川 植生の椿もあるが、一般的には、ツバエル、ツバケルで、崩壊地の意味。ツバ(帽子のツバ)で台地、崖地の端もあるか。
抜粋「地名へのいざない」戸澤敬三郎 P233 ツバキ

★掃部畑(カモンハタ)古代の伴部である掃守部に由来する地名か。令制の掃部司、掃部寮、およびその職制にちなむ地名か。
抜粋「地名用語語源辞典」楠原 佑介・溝手 理太郎 P136 カモン

 上記の由来による地名ではない可能性がある。単純に地形を見ると「釜状」の険しい地形であるから「釜ノ端」であれば、地形と地名が合致する。カマ(谷川の崖の岩穴、えぐったような崖地、崩壊的浸食谷)ハタ(へり、縁、ほとり、そば、わき。転じて周囲、外側など。ハタク叩、砕から崩壊地形を示す。P135 カマ P527 ハタ

 また、倭名抄では掃部司を「カニモリのつかさ」と読み、掃部=カニモリ=金森=金山となる。周辺に「金沢」の地名もあることから、この三角点峰周辺は古来から「金山=カネヤマ」と呼ばれていたのではないだろうか。

★アプローチに使った林道・金山線 L=907m 以降、現況作業道は基幹路網開設予定線となっている。
(H27~H37 東成瀬村森林整備計画より)
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

凸山岳登頂人数
プロフィール

デコ山さん

Author:デコ山さん
秋田県内に設置された、三角点の探訪記。

主に、明治時代に設置された一等~三等三角点を訪れています。

また 標石を含めた現地の周辺調査、地名や点名の由来なども掲載しています。

秋田県内で、藪の中をゴソゴソとやっている人がいたら、それは私です。

検索フォーム
カテゴリ
日記 (0)
藪漕ぎ (1)
鳥獣類 (1)
このサイトについて (1)
郷土資料 (1)
年度別 (7)
秋田市(108) (93)
一等三角点 (2)
二等三角点 (10)
三等三角点 (81)
男鹿市(30+位置図) (31)
一等三角点 (1)
二等三角点 (3)
三等三角点 (26)
潟上市(10) (10)
二等三角点 (1)
三等三角点 (9)
大仙市(110+位置図) (111)
一等三角点 (1)
二等三角点 (14)
三等三角点 (95)
仙北市(132) (96)
一等三角点 (3)
二等三角点 (15)
三等三角点 (78)
大館市(110) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
北秋田市(131) (20)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (18)
由利本荘市(151+位置図) (153)
一等三角点 (3)
二等三角点 (21)
三等三角点 (128)
にかほ市(34+位置図) (35)
一等三角点 (3)
二等三角点 (4)
三等三角点 (27)
横手市(81+位置図) (82)
二等三角点 (8)
三等三角点 (73)
能代市(57) (36)
一等三角点 (1)
二等三角点 (5)
三等三角点 (30)
湯沢市(101) (101)
一等三角点 (2)
二等三角点 (11)
三等三角点 (87)
鹿角市(88) (1)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (1)
五城目町(23) (13)
一等三角点 (1)
二等三角点 (1)
三等三角点 (11)
八郎潟町(3) (3)
三等三角点 (3)
井川町(7) (6)
二等三角点 (2)
三等三角点 (4)
美郷町(26) (25)
一等三角点 (1)
二等三角点 (2)
三等三角点 (22)
藤里町(34) (10)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (10)
三種町(28) (23)
二等三角点 (1)
三等三角点 (22)
八峰町(29) (16)
二等三角点 (2)
三等三角点 (14)
羽後町(30) (30)
二等三角点 (2)
三等三角点 (28)
小坂町(23) (0)
一等三角点 (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
大潟村(15+位置図) (15)
二等三角点 (2)
三等三角点 (12)
上小阿仁村(27) (0)
二等三角点 (0)
三等三角点 (0)
東成瀬村(32) (30)
一等三角点 (2)
二等三角点 (4)
三等三角点 (24)
車両経歴 (1)
リンク
横手市の巨樹・巨木
横手市の巨樹・巨木のページ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: